完全にオバサンですよ!マスクで隠しきれない危険なメイク

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/252776/ )

今回は、40代をすこぶるおばさんぽく見せてしまうメイクについてお話していきます。

 

NGその1:密度がスカスカな「貧相まつ毛」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/252776/ )

ナチュラルメイクが定番となった今「まつ毛は、ボリュームよりも、長さが命!」を合言葉に、ロングタイプのマスカラをデイリー使いにしていらっしゃる40代女性も少なくないはず。

ところが、自まつ毛が減ってしまい、言ってみれば“スカスカ”な状態だと、長さを加えたとしても、密度がやや足りず老けた印象が残ってしまうことも多々です。

ナチュラルなまつ毛で若々しい艶っぽさを出すには、長さに加え、密度も重要な要素。

それだけに、マスカラだけで仕上げると寂しい印象が残る場合には、部分的な“つけまつ毛”を活用すると確実です。昨今の市販されているつけまつ毛には、かなり自然な毛質のアイテムも増えているので、大人が付けてもわざとらしさが出にくくなっています。

パーツ用のつけまつ毛が手に入りにくい場合には、密度が足りない箇所だけ市販のつけまつ毛をカットして加える方法もアリです。

 

NGその2:ボリュームアップをしすぎた「オバドールまつ毛」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/252776/ )

年齢を重ね、全体的に密度も長さも「物足りない」と感じると、どんなにナチュラルメイクを意識しているつもりでも、ついまつ毛に重めな仕上がりのメイクをしてしまいがち。

黒々としたまつ毛があったほうが写真映えするのも確かなため、日常的に InstagramなどのSNSに投稿する習慣がある40代女性ほど、まつ毛の盛り具合もグングン加速している傾向も否めません。

つまり、自分では「このくらいならナチュラル」と思っていても、周囲のメイクと比較して黒々と盛られていると、必死さが出ていることが。ドール的な可愛らしさを狙っているつもりでも「40代」という年齢のせいで「オバドール」になってしまっていれば、だいぶショックです。

ひと昔前のようないかにも盛りまくっているまつ毛ではないにせよ、長めかつ太めのマツエクが習慣になっている方や、自分なりには“薄づき”を意識していてもボリュームタイプのマスカラを愛用している方は、この機会に周囲の同世代女性のまつ毛と比較して、ボリューム調整してみてもいいかもです。

 

NGその3:マスカラの重みに負けた「下がりまつ毛」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/252776/ )

マスカラでもマツエクでも、横顔がイマイチな仕上がりだと、男目線では「ざんねん」と思いがちな傾向も。

メイク直後には美しいカーブでも、まつ毛もハリを失いがちな私たち世代は、時間の経過とともに下がりやすいもの。アフター5のメイク直しでは、横からのまつ毛チェックも怠らないのが確実です。

また、ビューラーの位置を誤ると、横顔が「カクカクまつ毛」になりがちなので、急いでいるときでも“根元から上げる”は忘れずに意識したい部分です。

出典>>定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選( https://otonasalone.jp/97563/ )

 

今回はまつ毛を中心にお送りしました。お心当たりがあった方は、明日からのメイクをぜひ見直してみて。

関連リンク

  • 10/25 9:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます