新しいコミュニケーションツール! サントリーの新サービス「社長のおごり自販機」は1人だとドリンクをゲットできない!?

拡大画像を見る

リモートワークの普及や時差出勤によって、社内でのコミュニケーションが少なくなってしまった今日この頃。

こうした背景を受けて、サントリーが法人向け新サービス「社長のおごり自販機」なるものを開発。

自販機を使うだけでコミュニケーションが生まれる、ということなのですが……いったいどんな仕組みなんでしょう!?

【2人一緒にタッチ!】

「社長のおごり自販機」の特徴は、1人ではドリンクをゲットできない(!?)点。

社員2人が、各自の社員証を同時にタッチすることで、それぞれに1本ずつドリンクが出てくるそうなんです。

ドリンクは会社負担、つまり社長のおごりになるので、社員は無料でドリンクを飲めちゃうというワケ♪

【会話のきっかけになりますね】

この自販機を利用したいときは、誰かと一緒に “共同作業” しなければなりません。

しかも同時にタッチする必要があるので、自然と会話が生まれます

社員同士のコミュニケーションが促進される上に、社長の株も上がるだなんて……まさにウィンウィンじゃあないですか~!

【実証実験の結果は…?】

「社長のおごり自販機」の本格導入に向けて、現在はコクヨ株式会社の新オフィス「THE CAMPUS」にて実証実験を実施中。

YouTubeには動画も公開されているのですが、なんと利用者の97.8%が「自販機がコミュニケーションのきっかけになった」と回答

「今日は1人作業の予定だったが、同僚に『自販機行かない?』と声をかけてもらい、流れで雑談のきっかけになった」
「ワクワクさと達成感があり、とても楽しかった。いろんな人を誘ってやってみたい!と思いました」
「たまたま同期とすれ違い、数年ぶりに近況を話し合うきっかけになった!」

といった声も寄せられており、評判は上々!

中には「話したことない同僚と話せた」という声も。社内での人間関係を広げるきっかけにもなりそうです。

こんなときだからこそ、利用してみたいものですね♪

参照元:YouTube、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 10/25 14:00
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます