粗品は「クソ」と罵倒も…有村昆「クイズシックス」で“下キャラ”に転向!?

拡大画像を見る

 映画コメンテーターの有村昆が、「不貞密会スキャンダル」の影響で、レギュラー出演していたテレビやラジオをすべて降板したのは今年5月のこと。その2カ月後には元妻でフリーアナウンサーの丸岡いずみとの離婚を発表し、まさにドン底状態にあったが、10月22日深夜放送のラジオ番組「霜降り明星のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)にゲスト出演して、健在ぶりをアピールした。

 登場して早々、キワドイ下ネタをぶっこんでトークを盛り上げた有村に、「(普通は)へこみますよ」「有村昆さんえらい。こんだけ吹っ切れて」「強い!」と称賛の声を送ったのが霜降り明星のせいや。昨年6月に既婚女性とのオンラインデート中に下腹部を露わにして“一人行為”におよんだ一幕が報じられたこともあって、他人事ではない様子。

 その後、リスナーからのメールがきっかけで、2人に共通する恩人の存在が浮上する。有村が8月に生謝罪した「バイキングMORE」(フジテレビ系)で「アホやな」「ムチャかっこ悪いやん」と罵倒したアンミカだ。この公開説教の後も有村とアンミカの関係は続いているようで、有村は「がんばりや」という愛のムチだったと明かした。

 一方のせいやも件の報道が出た際、アンミカから「人はドン底に落ちるのはしょうがないから。もう後ははいあがるだけよ」と励まされた過去を告白。有村も「人はジャンプするときに屈む。有村君、今それよ」「屈んでからジャンプよ」というアンミカの激励の言葉を紹介した。

 有村とせいやは、「どっちが下か」という話題でヒートアップ。「床でも舐めてりゃいいんです」と恐縮する有村に、せいやが「アリコンさんが舐めた床を舐める」と返す。すると有村が「僕はさらにその下を舐めますから」と押し問答に。そのやり取りを聞いていた粗品は「どっちもねぇ…、どっちもクソですけどね」と罵倒ツッコミを入れていた。

「番組ではその後、有村昆さんが自身にまつわる話を6問のクイズにして出題。その名も『クイズシックス』。週刊誌で報じられた艶系女優とのトークをネタにしているのは明らかで、霜降り明星とのやりとりの中でもキワドイ単語を連発。ウィル・スミスから手紙をもらったエピソードを明かした後も、霜降り明星は性単語でイジり続け、有村さんは『僕はそれでいいんです』と“下キャラ”への転向を認める一幕も。いずれにしても、かつてのように、まっとうに映画を紹介するような仕事にありつくまでには、険しい復帰ロードとなりそうです」(芸能記者)

 とはいえ、今回のゲスト出演はリスナーには大好評だったようで、また近いうちに深夜ラジオで元気な声を聞かせてくれそうだ。

関連リンク

  • 10/25 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます