花田優一が俳優デビューで“4足目のワラジ”「どれも中途半端」の呆れ声

拡大画像を見る

 元横綱・貴乃花光司氏とタレントの河野景子の長男、靴職人でタレントの花田優一が10月24日、都内で行われた短編映画「残照のかなたに」の製作発表に出席した。監督は、河野の交際相手であるジャッキー・ウー氏。同作で花田は俳優デビューする。花田の映画出演は同日、複数のメディアでも伝えられた。

 報道によると、同作は長野・上田市の病院を舞台に余命いくばくもない老作家と、看護師の交流を描く物語。主人公の老作家は俳優の林与一、看護師は新人の岩瀬あんなが演じる。花田が演じるのは、担当医だ。

 オファーを受けた際、花田は当初、慎重な姿勢を見せたが、話を聞くうちに「表現として演じることに興味はあった。勉強と思ってやらせてもらいたい」と気持ちが変化。今後の俳優業については「表現の軸は靴作りだが、そこがブレなければ枝葉が分かれていくのはいいかな」と答えた。ちなみに左手薬指に指輪をしていたが、その理由について「今日は説明しません」とシャットアウトした。

 実は花田、以前から俳優業に色気を見せていた。2018年2月の「女性自身」によると、花田は歌手の山川豊と女優の夏樹陽子のディナーショーに出席した際、山川から「優一くんは俳優にならないの?」と聞かれ、「はい! 今後はぜひやらせていただきたいです!」と超前向き発言をしていた。

 しかし、今回の映画出演についてネット上では「靴職人、タレント、画家、作家、YouTuber、CDデビューの次は俳優デビューときましたか」「これまで何を努力し、どんな結果を残しましたか?」「肝心の靴作りはどうなっていますか?」などと、バッシングの嵐が吹き荒れている。

「花田は以前から靴の納期遅れが批判されています。にもかかわらず、テレビやラジオに頻繁に出演し、著書も2冊出版。画家として個展も開催しています。今年1月には歌手としてCDを発売。『NHK紅白歌合戦』出場にも意欲を見せていました。靴職人、画家、歌手、俳優の4足のわらじと多才ですが、ネット民の指摘通り、どれもが中途半端。花田が注目を集めているのは、親の七光りによるものが大きく、両親あっての自分ということをしっかり認識し、まずは本業の靴作りに専念してもらいたいものです」(芸能記者)

 俳優業も中途半端で終わるのか? 花田の演技に注目だ。

(石田英明)

関連リンク

  • 10/25 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • アホ大魔王

    10/27 6:51

    一体彼は何をしたいのか分からない

  • 猫魔天狗

    10/26 19:47

    下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるって事かな?数打っても当たるか当たらないかは本人次第だが女遊びの命中率高いかもだがね。

  • トリトン

    10/26 18:13

    親の以外ただの無能のチンピラやんよく出演させたなこいつの嫌いな人の方が多いいから映画もこけるかもね。

記事の無断転載を禁じます