木更津市道125号線の道路愛称が「ポルシェ通り Porsche Strasse」に

拡大画像を見る


ポルシェジャパンは、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京がオープンした10月1日(金)、市道125号線の一部1kmが「ポルシェ通り Porsche Strasse」(ポルシェストラッセ)と命名されたことを発表した。

ネーミングライツの契約期間は10月1日(金)から2026年9月30日(水)までの5年間となり、これは輸入車(外国メーカー車)ブランドとして初の実績(2021年9月時点トラベルWatch調べ)。

輸入車ブランドによる日本初のスポーツドライビング施設

「ポルシェ通り Porsche Strasse」と命名された市道125号線沿いに設置するポルシェ・エクスペリエンスセンター東京は、ポルシェが世界で展開するブランド体験施設。

輸入車ブランドが国内にこのような規模のスポーツドライビング施設を建設することは日本で初めてとなり、自動車業界随一となる。

さらに、輸入車ブランドが日本の公道でネーミングライツとして選ばれることも同様に、日本で初めてとなる。

「ポルシェ通り Porsche Strasse」の対象施設は、市道125号線の一部1kmで起点は木更津市伊豆島字順礼街道1235番1地先、終点は木更津市伊豆島字新開1200番地先となっている。

ポルシェジャパンが地域支援のため木更津市に協力

ポルシェジャパンでは、独自の包括的なCSRプログラム『Porsche. Dream Together』を2020年11月に立ち上げ、木更津の環境保護や地域連携を深める活動を推進している。

具体的には、災害が発生した際にポルシェジャパンが地域支援のため木更津市に協力をする協定書を2021年9月30日(木)付で締結した。

さらに、木更津市で有機栽培されたお米を木更津市内の小中学校へ提供する「木更津有機米学校給食プロジェクト」への協力や、11月21日(日)に開催されるチームランニングイベント「ブルーベリーRUN」では、ここポルシェ・エクスペリエンスセンター東京を会場として提供し、約1,000人のランナーが参加する予定。

この機会に、「ポルシェ通り Porsche Strasse」を訪れてみては。

  • 10/25 17:41
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます