SixTONESジェシー「いつか激レアさん枠で出演できたら」

拡大画像を見る

星野源、ジェシー(SixTONES)が、10月25日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15〜 ※一部地域を除く)に出演する。この日は、「DJがやりたいのに実家の農業を継がざるをえず田舎の集落でガッツリお米を育てながら世界一のDJになっちゃった人」を紹介する。

人は、あまりにもレアすぎる状況に遭遇したとき、まさかのピンチに直面したとき、いったいどのような行動をし、どんな対処法をとるのか――実際に“激レア”な体験をした人=激レアさんを“研究サンプル”として採集してスタジオに集め、研究員の若林正恭(オードリー)と、研究助手の弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)がその体験談を紐解いていく。

普段から同番組を見ていると語る星野。今年の9月、星野がパーソナリティーを務めるラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』に若林が出演した際も、この番組の魅力を熱く語ったばかりだ。もう1人のゲストは、星野同様にこの番組の熱心なファンだというジェシー。念願が叶っての初出演ということで、ハイテンションに番組を盛り上げる。

今回、激レアさんとして紹介するコマガタさんは、農家でありながら、“DJ CO-MA”として、DJの世界的大会で優勝した人物。250年続く農家の長男で、何とか家業を継ぐことを回避しようとした学生時代のことや、結局農家となり、その一方で、DJ界で頂点を極めるまでの日々を見ていく。そんなコマガタさんは農家としても大きな成果を残しているとのこと。その奮闘ぶりを伝えるとともに、今年の東京オリンピック閉会式に出演して、話題を呼んだDJ松永(Creepy Nuts)とコマガタさんが“ある意外な関係”であることが明らかに……! 松永がVTR出演し、インタビューで2人の関係を語る。

収録を終え、星野は「今回、番組の中で紹介する激レアさんは1人。紹介される方も気合いが入っていると思いますし、確かに見応えのある内容でした」と2度目の出演も番組のおもしろさをたっぷりと堪能した様子。一方、ジェシーも「目標を達成するのは簡単なことではないですけど、DJ CO-MAさんの生き方から学べることがたくさんあると思います。やっぱり激レアさんはおもしろい!」とついに初出演を果たし、満足そうな表情を浮かべた。

そんな2人にこれまでの放送で印象に残る回を聞くと、星野は忘れないようにと持参したメモから「草野球で名人になったキャバ嬢」や「漫画を全巻そろえて発送する人」などを挙げ、中でも「生き別れた父親を探しに出たら初日に発見した人」がお気に入りだと判明。ジェシーが挙げたのは、相田みつをの息子さんを紹介した「そのイメージとは裏腹に超自己中な父・相田みつをに振り回されて育った息子」の回。親子の関係についていろいろなことを考えさせられた、と振り返ってくれた。

<星野源 コメント>
若林さんも収録でおっしゃっていた通り、今日はとても感動しました。農業とDJ、両方どちらも諦めなかった方が登場して、いろいろな出来事が起こりながら、最終的にその両方を極めたことを知れました。そういう方が僕と同世代であること。すごくシャイですごく丁寧な方だったこと。とっても素敵な人と出会うことができた、という気持ちです。今回、登場する激レアさんは1人なので、紹介される身としても相当気合いが入っているはず。1人でも見応え十分な内容ですし、スタジオもすごく良い雰囲気でしたので、ぜひご覧いただきたいです。

僕は本当に激レアさんのファンなので、いつも見ているのですが、僕自身は全然激レアさんと言える部分はないんです。でも、知り合いには激レアさん候補の人がいますよ。ヘンな人、おもしろい人がいっぱい(笑)。星野源オススメの激レアさんとして、いつか紹介したいですね。

<ジェシー コメント>
今日は「こんな波瀾万丈な人生を送る激レアさんがいるんだ」と思いながら、VTRを見ていました。DJ CO-MAさんの人生にはいろいろなストーリーがあり、その中で諦めず一つのことを突き詰めようとして頑張っていました。目標を達成するのは簡単なことではないですけど、DJ CO-MAさんの生き方から学べることがたくさんあると思います。やっぱり激レアさんはおもしろいですね。つい見入って、コメントが真面目になってしまいました。せっかく番組に呼んでもらえたんだから、もうちょっとボケたかった!(笑)。

いつもこの番組を見ていて、最近だと、相田みつをさんの息子さんが印象的でした。お父さんにさんざん振り回されながら、結局美術館を建てていて。親子の絆を感じました。ドランクドラゴンの鈴木拓さんの回も、どんな風にこれまで過ごしてきたのか知ることができて、おもしろかったです。

スタジオで、弘中さんが年表を紹介しているのを実際に見ることができてうれしかったです。僕はずっと空手をやっていて、それがきっかけでジャニーズに入ったようなものです。年表を作ってもらい、一連の流れをストーリー仕立てで紹介してもらったら激レアさんのように見えますかね? でも、番組に登場する激レアさんの域には全然達していないので、これからもいろんな人生経験をして、いつか激レアさん枠で出演できたらいいですね!

関連リンク

  • 10/25 17:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます