京都で韓国旅行気分、本場の味が楽しめる「韓国屋台とんとん」オープン

拡大画像を見る

 キレイは、京都市中京区に韓国の夜をイメージした空間で本場の味を楽しめる韓国料理店「韓国屋台とんとん」を10月22日にオープンした。

●テーブルやイスもローカルレストランと同じもの


 韓国屋台とんとんは、繁華街の明洞(ミョンドン)や、若者で賑わう弘大(ホンデ)のような、本場韓国の活気ある夜の雰囲気を京都で味わいながら、様々な韓国屋台料理を楽しめるレストラン。
 店内には、壁一面に韓国の夜の街やストリートをイメージした絵が描かれ、ネオンの光が韓国のローカル感をさらに演出。テーブルやイスも韓国のローカルレストランと同じものを使うなど、まるで韓国にいるような気分を味わえるよう細部までこだわっている。中央の大型モニターにはK-POPが流れ、いつ来店しても、賑やかな雰囲気を楽しむことができる。
 本場の味を楽しめる料理も、キンパやチーズトッポギなどの一品ものから、カンジャンケジャンなどの海鮮メニュー、サムギョプサルなどの焼肉メニュー、ヤンニョムチキンなどのチキンメニュー、スンドゥブチゲなどの鍋・スープ・ラーメンメニューなど、全部で50種類以上から選ぶことができる。
 主なメニューとして、「サムギョプサル」は、焼肉やとんとんオリジナルのキムチやもやしを、新鮮なレタス・エゴマで包み、ごま油や味噌をつけてさっぱり食べられる一品。価格は1380円。
 「ヘムルタン」は、海老やシジミなど、たくさんの海鮮を使用した料理。魚介は釜山から取り寄せるなど、本場韓国の味わいを再現している。価格は3300円。
 「カンジャンケジャン」は、ニンニクやショウガを刻んだオリジナルの醤油ダレに、新鮮なワタリガニを漬け込んだ。現地では“ご飯泥棒”の異名をもつほど、ご飯にぴったりな料理となっている。価格は時価。

関連リンク

  • 10/25 16:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます