世帯年収300万円と1000万円では健康意識も違う? 残酷な格差の実態とは

拡大画像を見る

 年収と健康には因果関係がある――近年、さまざまな研究によってそんな事実が明らかにされてきた。格差が広がる日本でも問題視され始めた「健康格差」が今、新型コロナの影響で深刻化している。残酷なまでに広がりだした“命の格差”の実態に追る。今回は1000人調査で判明した世帯年収300万円と1000万円の「健康意識」の違いを比較する。

◆1000人調査!年収別「健康意識」の違い

 健康格差を生む要因のひとつである収入。この差でどのような意識の違いが出るのか。SPA!は今回、世帯年収300万円以下の男女500人(40~59歳)と、世帯年収1000万円以上の男女500人(同)に健康に関するアンケートを実施。同じ質問を2グループにしたところ、医療に対する意識や生活習慣に大きな違いがあることがわかった。

◆健康診断を受ける頻度がまるで違う

 まずはQ1「健康診断や人間ドックを受ける頻度」についての結果だ。300万円以下だと43%が1年に一回も健康診断を受けておらず、5人に1人が「一度も受けたことがない」と答えた。

 対して1000万円以上では、実に86%が1年に一回以上は健康診断を受けている。

 この結果に対して、「年収300万円以下だと非正規で働く人も多いはずで、就業環境が大きく影響しているのではないか」と分析するのは、健康格差について長年研究を続ける千葉大学教授の近藤克則氏だ。

「きちんとした健康診断を受けようとなると半日がかりだし、そもそも多くの検査をするには費用がかかります。正社員で会社からサポートされて受けるならまだしも、非正規の人の場合、実費負担だと数万円はするのでハードルが高い。5人に1人が未受診なのは、氷河期世代などで社会に出てからずっと非正規雇用が続き、健康診断を受けられる環境になかった可能性が考えられます」

◆金銭的な問題で病院の受診を控えたことがあるか?

 Q2の「金銭的な問題で病院の受診を控えたことがあるか」という質問でも顕著な差が出た。世帯年収300万円以下の場合、「病院には行かないようにしている」(20%)、「金銭的な理由で控えたことが頻繁にある」(14%)、「何度かある」(23%)、「定期通院をやめたことがある」(7%)となり、お金がネックで受診を避けたケースが合計64%にもなった。一方で、世帯年収1000万円以上では、75%が「体調不良を感じたら必ず通院する」と答えている。

「非正規雇用者の場合、一日休むとその日の給料がなくなってしまうというケースも考えられます。将来の健康よりも目先の収入のために仕事を休めないという事情もあるのでしょう」

◆バランスの取れた食事をとっているか?

 Q3の「バランスの取れた食事をとっているか」という質問の回答結果からは、それぞれの家族構成が透けて見えると続ける。

「世帯年収で300万円以下ということは独身の人が多いはず。低収入で単身世帯、さらに男性だと野菜を取ることもおろそかになるでしょうし、仮に牛丼店でサラダや副菜を頼もうとしても金銭的に敬遠しがち。対して、結婚している人が多いであろう1000万円以上の人は、夫婦どちらかが『バランスよく食べよう』と、食生活を正していると考えられます」

◆運動にも年収の違いが…

 Q4の「睡眠時間」では大きな違いは見られなかったが、Q5の「運動頻度」では、すべての項目で年収1000万円以上の回答数が多かった。

「スポーツにかける経済的余裕があるかないかも影響しているのでしょう。ゴルフやテニスなどは用具を揃えるお金も必要ですし、複数人でプレーする競技なので人付き合いの多さも見て取れます」

◆学生時代に原因あり?

 また、学生時代にスポーツに慣れ親しんだ経験の差も大きいとか。

「大学まで進んだ人は学校によってさまざまなスポーツに触れますが、中卒や高卒だと機会が少なくなり、その分、経験した運動の種類も少ない傾向があります」

◆なぜ、年収が低い人もサプリにお金をかける?

 さらに、Q6「健康のためにお金をかけてもいいもの」でも、1000万円以上の層がすべての項目で回答数が多い。

「ここでも年収1000万円以上の層の関心の高さが見て取れます。ただ、唯一サプリメントの項目はほぼ同じ回答数になっていますね。これは安価で手軽に摂取できるうえに『健康のために何かはしたい』という心理から購入する人が多いのではないかと考えられます。とはいえ、医学的にはビタミン剤はいくら摂取しても体内で足りていれば尿として出てしまうので、さほど意味がないのですが」

◆体調不良を感じたときに相談できる人がいるか

 最後のQ7「体調不良を感じたときに相談できる人がいるか」という質問では、人間関係の違いが明確に出る結果に。「相談できる人が誰もいない」という項目では、年収300万円以下の回答数が大きく上回ることになった。

「前述したように単身者や非正規労働だと、職場の人間関係も薄い人が多いので、社会的サポートが乏しく、相談できる人が少ないのでしょう。例えば、一人で食事をする『孤食』の男性は不健康になりやすく、誰かと食事する人よりも死亡リスクが高いという研究結果が出ています。食事中に『最近ちょっと調子が悪くて……』という軽い相談や気晴らしをする機会も少なくなりがちです」

 さまざまな項目で残酷な健康格差が見て取れた調査結果と言える。

※世帯年収による健康意識の差を調査。年収ごとに500人の40~59歳の男女(独身・既婚/就業形態は問わず/調査期間は9月3~8日)が解答

【近藤克則氏】
千葉大学予防医学センター社会予防医学研究部門教授。早くから健康格差について研究を進めている。著書に『健康格差社会ー何が心と健康を蝕むのか』(医学書院)など多数

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[年収×健康 残酷な格差]―


関連リンク

  • 10/25 15:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます