博多華丸「おかえりモネ」Twitterでの“朝ドラ受け”に反響殺到 怒涛の展開に「静観放送です」

【モデルプレス=2021/10/25】博多華丸・大吉の博多華丸が25日、自身のTwitterを更新。同日放送の女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)第116話の感想をつづり、反響が寄せられている。

◆「おかえりモネ」怒涛の展開に“朝ドラ受け”望む声続出

朝ドラ放送後の「あさイチ」(NHK総合/月~金曜、8時15分~)では、MCの博多華丸らがその感想を話すのが恒例で、視聴者からは“朝ドラ受け”と呼ばれている。

今回の「おかえりモネ」は、亮(永瀬廉)&未知(蒔田彩珠)のハグシーンや、菅波(坂口健太郎)が百音(清原)の実家に挨拶に行くシーンなど、見どころが盛りだくさんだった。

しかし、同日は政見放送のため「あさイチ」の放送はなし。怒涛の展開を受け「今日こそ朝ドラ受けを聞きたい」「あさイチMC陣が恋しい」などの声が上がっていた。

◆博多華丸、Twitterで“朝ドラ受け”

放送後、博多華丸は自身のTwitterにて「りょーちんとみーちゃんの人目もはばからない抱擁 菅波先生のご挨拶 静かに見守ってます。静観放送です」と“政見放送”とかけて“静観”したことを報告。

これには「待ってました!!」「まさかのTwitterで朝ドラ受け」「ここで華丸さんの感想が聞けるなんて嬉しい」など反響が殺到した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/25 14:46
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます