ルクセンブルク、無敗の3連勝でG1初制覇

 23日に英国のドンカスター競馬場で行われたG1フューチュリティトロフィー(芝8F)は、ルクセンブルク(牡2、父キャメロット)がオッズ1.67倍という圧倒的1番人気に応えて優勝を飾った。

 2017年までレーシングポストトロフィーの名称で親しまれたこのレースは、過去4年の勝ち馬(17年サクソンウォリアー、18年マグナグレシア、19年カメコ、20年マックスウィニー)がすべて、翌春に英国か愛国のクラシック制覇を果たしているという、出世レースである。

 1番人気に推されたルクセンブルクは、エイダン・オブライエンの管理馬。G2ムーアズブリッジS(芝10F110y)勝ち馬レオデフュリーの半弟で、タタソールズ10月1歳市場にて15万ギニー(当時のレートで約2225万円)で購買されている。

 2歳7月にキラーニーのメイドン(芝8F40y)を制しデビュー勝ちを飾ると、前走カラのG2ベレスフォードS(芝8F)を4.3/4馬身差で制し、重賞初制覇を果たしていた。

 ライアン・ムーアが騎乗したルクセンブルクは、道中中団で競馬を進めた後、残り2F付近で先頭に立つと、最後は1.3/4馬身抜けて優勝。無敗の3連勝でG1初制覇を果たした。

 この結果を受け、ブックメーカー各社は来春のG1英ダービー(芝12F6y)へ向けた前売りで、ルクセンブルクをオッズ4〜5倍の抜けた1番人気に支持している。

(文:合田直弘)

関連リンク

  • 10/25 13:10
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます