【天皇賞・秋 注目馬】有終の美へ向けて負けられない戦いが始まる

拡大画像を見る

 10月31日、東京競馬場で行われる天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)。今年のヴィクトリアマイルを制し、再び2000m戦に挑んできたグランアレグリア、今年の皐月賞馬エフフォーリア、天皇賞・春を制したワールドプレミアなどGI馬5頭を含む16頭が登録。

 しかし、何といっても注目は昨年、無敗でクラシック3冠制覇を達成したコントレイル(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)だ。父ディープインパクト、母ロードクロサイト、その父Unbridled's Songという血統。

 2019年9月の新馬戦でデビュー勝ちを収めると、東スポ杯2歳Sから菊花賞まで重賞6勝を含む7連勝で、史上初となる無敗でのクラシック3冠父子制覇を達成した。自身を含む、3頭の3冠馬が顔を揃えた昨年のジャパンCではGI・9勝馬アーモンドアイには敗れたものの、同期の3冠牝馬デアリングタクトには先着を許さなかった。

 今年初戦となった大阪杯では初の重馬場ということもあり、まさかの3着と不覚。それ以来のレースとなる今回、昨年の3冠馬のプライドにかけても負けられない一戦となる。すでにジャパンCを最後にターフを去ることが決まっており、残り2戦、その雄姿をしかと目に焼き付けたい。

関連リンク

  • 10/25 12:06
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます