『きのう何食べた?』主題歌を使用、“幸せな気持ちで満腹になる”スペシャル映像解禁

拡大画像を見る

劇場版『きのう何食べた?』から、スピッツが歌う主題歌『大好物』を使用したスペシャル映像が解禁された。




累計発行部数815万部(電子版含む)突破のよしながふみによる人気漫画を、西島秀俊・内野聖陽のダブル主演でドラマ化した『きのう何食べた?』。2019年4月クールにテレビ東京系列にて放送されるや、Twitterの世界トレンド1位となり、さらに見逃し配信の再生数が全12話100万回再生を超えて、歴代最高記録を次々と更新。そんな『きのう何食べた?』がファン待望の映画化。11月3日(水・祝)に公開する。


料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)役の西島秀俊、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)役の内野聖陽をはじめとし、小日向大策役の山本耕史、小日向の恋人・ジルベールこと井上航役の磯村勇斗など、個性豊かな人気キャラクターたちが全員総出演。さらに、監督・中江和仁(『嘘を愛する女』)と脚本・安達奈緒子(『劇場版コードブルー』)のタッグも続投。≪チーム何食べ≫が再集結するほか、劇場版からの新キャストとして、SixTONESの松村北斗がケンジと同じ美容室に勤めるイケメン美容師・田渕として出演。さらに、主題歌はスピッツの書き下ろし楽曲『大好物』に決定した。


先日開催された完成報告会では、秋を感じる美しい紅葉がひらひらと舞台に舞い降りる景色の中、撮影時の秘話をはじめ、自身の「大好物」について語るなど、あたたかくも和やかな「何食べ」らしい雰囲気で実施された。翌日には、舞台挨拶の様子が東宝MOIVEチャンネルにて配信され、劇中さながのやりとりにSNSでも「素敵な世界すぎる…」「早く映画を観たい」の声が続出し、ファンの期待も最高潮まで高まっている。


そしてこの度、スピッツによる主題歌『大好物』にのせて、未解禁の映像をふんだんに散りばめた超豪華“スペシャル映像”が完成。本作の主題歌は、全世代に愛される国民的ロックバンド・スピッツが書き下ろした新曲『大好物』。作品に寄り添うような、日常の風景が浮かぶ穏やかなメロディーと繊細な心情を表す歌詞で、主題歌が発表になるや、「何食べの世界観にぴったり」「予告を見ただけで涙腺崩壊」という絶賛の声が相次いだ。そしてこの度、そんな主題歌『大好物』にのせて、本編の未解禁映像を散りばめた超豪華“スペシャル映像”が完成した。


シロさん(西島)とケンジ(内野)が、手を合わせて「いただきます」と言うシーンから始まる映像は、二人きりの京都旅行から、家族や友人と関わり合う日常へと流れていき、自分にとって大切な人とおいしいご飯を食べることの大切さや、いとおしさを味わえる映像となっている。スピッツの優しい歌声にのせて、シロさんとケンジのあたたかな日常に加え、拗ねた様子で小日向(山本)の胸をたたくジルベールこと航(磯村)の姿や、劇場版で初登場となるケンジの家族などの未解禁映像もふんだんに使って構成された映像は見ているだけで幸せになれること間違いなし。さらに、アクアパッツァや肉団子、りんごのキャラメル煮など、思わずお腹がなってしまいそうな“飯テロ”級の料理もところどころに登場し、まさに『何食べ』らしい魅力がギュッと凝縮された“スペシャル映像”となっている。最後は、満ち足りた表情のケンジによる「ごちそうさま」で締めくくられるように、幸せな気持ちで満腹になること間違いなしの映像を、是非チェックしよう。



■劇場版『きのう何食べた?』

原作:よしながふみ『きのう何食べた?』(講談社「モーニング」連載中)
出演:西島秀俊、内野聖陽、山本耕史、磯村勇斗、マキタスポーツ、松村北斗(SixTONES)
田中美佐子(友情出演)、田山涼成、梶芽衣子
主題歌:スピッツ『大好物』(ユニバーサルJ/ユニバーサル ミュージック)
配給:東宝

©2021劇場版「きのう何食べた?」製作委員会 ©よしながふみ/講談社

関連リンク

  • 10/25 13:17
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます