フル出場のブスケツ、ホームでのクラシコ黒星に「負けて当然だとは思わないが…」

拡大画像を見る

 バルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツが、リーグ戦について言及した。24日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 同日にラ・リーガ第10節レアル・マドリード戦を迎えたバルセロナだが、ホームで1-2の敗北を喫した。フル出場したブスケツは、試合後の取材に応じた際に「バルセロナは負けないはずだったが、先制点を許してしまった」と振り返ると、以下のように続けている。

「前半、彼ら(レアル・マドリード)は上手くいったように思えたが、我々はそうでなかった。我々にボールを持たせてくることは分かっていたつもりだが、彼らにはロドリゴ(・ゴエス)とヴィニシウス(・ジュニオール)のスピードがあった」

「そのような特徴を持つチームを相手にしては、ボールを失った時に回収するのは難しい。そして、彼らはキックで先制点を決めた。これで試合の流れががらりと変わったし、負けて当然だとは思わないが、これがサッカーだ。後半、我々はポゼッションとボールをコントロールできていたが、明確なチャンスを作れなかった」

 そう語ったブスケツだが、「これからは攻撃面で力を発揮してくれるウスマン(・デンベレ)が復帰する。私たちは、戦い続けなければならない」ともコメント。首位レアル・ソシエダとの勝ち点差が6に広がった状況にも、前向きな姿勢を示している。

関連リンク

  • 10/25 13:25
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます