本田翼、“日本1騒がしい”「ラジハ」リアルな舞台裏動画に反響「神動画」「仲良しすぎる」<ラジエーションハウスⅡ>

【モデルプレス=2021/10/25】女優の本田翼が24日、自身のYouTubeチャンネルにて、出演中のフジテレビ月9ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』の舞台裏を公開。リアルな現場の様子に反響が寄せられている。

◆本田翼「ラジエーションハウスⅡ」リアルな舞台裏を公開

本田は「豪華俳優陣とは正にこのこと」というタイトルで動画を公開。動画は、ドラマ撮影中のキャスト達のオフショットをたっぷり映したものとなっている。

主演の窪田正孝が、本田の「腹筋見せて~」のリクエストに、一瞬の“チラ見せ”で応えるなど仲睦まじい様子も。

ほかにも八嶋智人や鈴木伸之が渾身のモノマネを見せたり、広瀬アリスらが音楽に合わせてエクササイズをしていたり、浜野謙太が“腹芸”を披露したり、自由でフレンドリーな雰囲気のキャスト達の様子が映されている。

中には本田と広瀬が並んで寝ているキュートなシーンも。本田は、「使える動画がほとんどなく(みんなが最高にふざけすぎて)ラジハメンバーの魅力が1/10も伝えられてないけど、とにかく最高に楽しい皆さんです」と説明。最後には「日本1騒がしい現場でした」とアピールしている。

ファンからは「とにかく楽しそうな現場の様子が伝わってきて幸せになれました~」「まさに神動画!」「ほんとに皆さん仲良しすぎる(笑)めちゃ楽しそう~~」「この動画見てもっとドラマが楽しみになりました!」「リアルな裏側が見れてほんとに貴重な動画だった~!」など、多くの反響が寄せられている。

◆窪田正孝主演「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」

本作は、現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作で、2019年4月期に放送された月曜9時ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の続編。

“ラジエーションハウス”とは、病の原因を探り、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師、画像を読影(※レントゲンやCT、MRI、超音波、心電図などの検査によって得られた検査画像から診療上の所見を得ること)し、病気を診断する放射線科医らが身を置く放射線科のこと。そこで働き、患者の病、ケガの根源を見つけ出す“縁の下のヒーロー”たちの戦いを描く。

“写真には必ず真実が映る”、と信じる診療放射線技師・五十嵐唯織を窪田、唯織がずっと思いを寄せていた幼なじみで、同じ甘春総合病院で勤務する放射線科医・甘春杏を本田が演じるほか、新人放射線技師・広瀬裕乃を広瀬、放射線技師長・小野寺俊夫を遠藤憲一が演じる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/25 11:35
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます