ルヴァン杯決勝アンバサダーに内田篤人氏…国歌独唱歌手はV6坂本昌行氏に決定!

拡大画像を見る

 Jリーグは25日、2021JリーグYBCルヴァンカップ決勝のアンバサダーと国歌独唱歌手が決定したことを発表した。

 10月30日に行われる今大会の決勝は名古屋グランパスとセレッソ大阪が激突。埼玉スタジアム2002(埼玉県さいたま市)にて開催され、試合は13時5分キックオフ予定となっている。

 今大会のアンバサダーには前回大会決勝に続いて内田篤人氏が就任。各種プロモーション活動を通じて決勝の盛り上げに協力するという。内田氏はアンバサダーに就任した意気込みのコメントを以下のように発表している。

「両チームとも今シーズン調子は悪くないと思います。グランパスはずっと決勝に来られずにベスト4ぐらいで止まっていましたから、ここでタイトルを獲れるとチームとしても新しい歴史となります。セレッソはタレントが豊富。途中から入って試合を決定付けられそうな選手もいますから、非常に楽しみにしています。どちらが勝つというのはわからないですし、コロナ禍の中での決勝戦になりますが、お客さんと共に試合を見届けたいと思います」

 また、試合前に行われる国歌独唱歌手はV6の坂本昌行氏に決定。坂本氏は「歴史あるルヴァンカップの決勝で国歌独唱という大役を務めさせていただけることを心より光栄に思います。V6の一員として、選手の皆様、ファンの方々にとって最高の決勝になることを願い、しっかり歌わせていただきます」とコメントしている。

関連リンク

  • 10/25 11:52
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます