芳根京子「真犯人フラグ」で疑われ過ぎてサザエさんになった!?

 芳根京子がまさかのサザエさんになった? 突拍子もない行動に、視聴者がますます疑念に駆られているようだ。

 10月24日に第3話が放送されたドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)では、行方不明となった相良家の長女・光莉(原菜乃華)の彼氏が、ITベンチャー企業プロキシマを起業した橘一星(佐野勇斗)であることが判明。彼が使っているカップルアプリにより、光莉のスマホが電源オンになったことが分かり、群馬県の山奥に橘、光莉の父親で主人公の相良凌介(西島秀俊)、凌介の部下である二宮瑞穂(芳根)の3人で向かうこととなった。

「二宮は第1話から上司の凌介に協力的で、橘と凌介の初顔合わせにも同席。娘に彼氏がいたショックでろくに話ができない凌介に代わって橘を質問攻めにしていました。このように重要な役割を担っている二宮ですが、視聴者のほうは彼女のことをかなり怪しんでいる様子なのです」(テレビ誌ライター)


 ドラマの公式サイトでは毎週「#みんなの真犯人フラグ」と題して、最も怪しいと思う登場人物に視聴者が投票する企画を開催。二宮は2週目に続いて最新の3週目でも1位に選ばれるなど、視聴者の疑念を集めている。放送当日には公式ツイッターの動画で1位の感想を話すことが定例となっており、先週の芳根は1位に選ばれたことが納得いかないとの不満を口にしていた。ところが今週は様子がおかしかったというのだ。

「凌介(西島)から『おめでとうございます』と頭にフラグを置かれた芳根は『(フラグが)立った~!』と能天気な様子。『二週連続1位』と紹介されると、『アリガトウ ゴザイマス』『モウ ヨク ワカリマセン』となぜかカタコト口調となり、連続1位の不満が態度に出ていたのかもしれません。最後は二人で第3話を見てくださいとアピールしたあとで、芳根がいきなり『じゃんけんぽん! ウフフフ』とダイナミックな動きを披露。その様子はアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)の次回予告でサザエさんが繰り出すじゃんけんさながらで、西島も困惑した苦笑いを見せるばかりでした」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみに今回はグーを出していたが、これも真犯人のヒントを示唆しているのか? 何から何まで考察のネタになる本作で、じゃんけんの手にも疑惑の目が向けられそうだ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/25 10:35
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます