「ジャンプして押したのかな?」子供の頑張りが見える1枚の写真

拡大画像を見る

好奇心が旺盛な子供は、あらゆることに興味を持ちます。

高いところに上ったり、木の棒を拾い集めたり、大人から見れば「なぜこんなことを?」と思うような不思議な行動をすることもあります。

中でも、多くの子供が興味を持つのが『ボタンを押すこと』ではないでしょうか。

ボタンが好きな子供は、インターホンやエレベーター、バスの降車ボタンなど、可能な限りすべてのボタンを押したがりますよね。

東京都八王子市にある、エレベーターのボタンや到着灯などを製造する専門メーカー、株式会社島田電機製作所(@shimax_hachioji)。

同社が開催している工場見学では、ボタンが好きな子供たちにとって、夢のようなコーナーがあります。

その名も…『1000のボタン』コーナー!

出典:株式会社島田電機製作所

実際に使われているエレベーターのボタンや、ユーモアのあるオリジナルのボタンが、約千個展示されているコーナーです。

制限時間内でたくさんのボタンを押す早押しゲームなどもあり、子供たちからの人気を集めています。

担当者さんによると、工場見学が終わると、子供たちがいかにボタンが好きかがよくわかるといいます。

その様子を写した1枚がこちらです!

ボタンは、押すとバックライトが点灯する仕組みになっています。

下半分のゾーンだけが点灯しているのは、子供たちが背の届く範囲で押せるボタンをすべて押した証。

そして、一部分だけ点灯している上部のボタンは、思いっきりジャンプをして押したのでしょうか…。

写真1枚から、子供たちの頑張りが想像できてほほ笑ましいですね!

Twitterに投稿されたこちらの写真は、18万件以上の『いいね』を集める大反響となりました。

・こういう子供心をくすぐる工場面白い…!

・いい大人ですが、押したい衝動にかられてしまいます…!

・全部押すまで帰らない!

子供だけではなく、大人にとっても大量のボタンは魅力的なようですね。

そして、千個ある中で1番人気のボタンはこちらとのことです!

書かれている文字は『絶対に!押すな

そういわれると押したくなってしまうのは、人間の本能なのかもしれませんね…。

[文・構成/grape編集部]

出典 @shimax_hachioji

関連リンク

  • 10/25 10:17
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます