【スワンS見どころ】ダノンファンタジーの重賞6勝目なるか

拡大画像を見る

 マイルCSの前哨戦。ダノンファンタジーに注目したい。5か月半ぶりの休み明けを制すことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/30(土) スワンS(3歳上・GII・阪神芝1400m)

 ダノンファンタジー(牝5、栗東・中内田充正厩舎)はこれまでGIの阪神JF含めて重賞5勝で、今回と同舞台の阪神Cを制した実績もある。今回はヴィクトリアマイル・7着以来の休み明けとなるが、適性あるコースのGIIなら巻き返しを期待できるだろう。鞍上は3走ぶりに川田将雅騎手。

 ホウオウアマゾン(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)は今年のアーリントンCで重賞初制覇。阪神では他にも、デイリー杯2歳Sで2着という実績もある。先行力を活かす走りからして距離短縮は合いそうで、復帰初戦から好走を期待したい。鞍上は初コンビの坂井瑠星騎手。

 その他、今年のファルコンS勝ち馬ルークズネスト(牡3、栗東・浜田多実雄厩舎)、今年のセントウルS・3着などの実績があるクリノガウディー(牡5、栗東・藤沢則雄厩舎)、18年のマイルCS覇者ステルヴィオ(牡6、美浦・岩戸孝樹厩舎)、昨年の阪神牝馬Sなど重賞3勝のサウンドキアラ(牝6、栗東・安達昭夫厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

関連リンク

  • 10/25 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます