【富士S】売上は45億3051万8600円で昨年からおよそ3.3億円の増加

拡大画像を見る

 23日、東京競馬場で行われた富士S(3歳上・GII・芝1600m)は、中団馬群でレースを進めた池添謙一騎手騎乗の1番人気ソングライン(牝3、美浦・林徹厩舎)が、直線の追い比べから抜け出し、最後方追走から大外を追い込んだ9番人気サトノウィザード(牡5、美浦・宮田敬介厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒2(良)。

 同レースの売り上げは45億3051万8600円で、ヴァンドギャルドが優勝した昨年の41億9702万4800円より増加となった。

関連リンク

  • 10/25 8:05
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます