参院山口補欠選 へずまりゅう候補は落選「299って… スーパーの魚の切り身じゃないんだから」あまりに低い得票数の途中経過に自らツッコミ

拡大画像を見る

10月24日、参議院の山口選挙区補欠選挙の投開票が行われ、自民党の北村経夫氏が当選した。投票が締め切られた20時とほぼ同時に当選確実が報じられる、いわゆる「ゼロ打ち」と呼ばれる圧勝だった模様である。

速報・参議院議員補欠選挙の投開票の状況|山口県
https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a36000/sokuhou/toukaihyou.html[リンク]

最終的に、自民党・北村経夫氏が30万7894票、共産党・河合喜代氏が9万2532票を獲得。なにかと話題となっていたN党・へずまりゅう氏は6809票の最下位となった。
24日22時頃、へずま氏はTwitterにて北村氏当確を報じるテレビ画面の画像を投稿。

北村氏が花束を抱えガッツポーズをしているところに入っている、

現在
北村経夫氏  =自民・元=1万4855票
河合喜代氏  =共産・新=  3594票
へずまりゅう氏=N党・新=   299票

とある途中経過に

299って… スーパーの魚の切り身じゃないんだから

とセルフツッコミツイートを行っていた。

得票が1万票に満たなければSNSからの引退を宣言していたへずま氏。今後の動向に注目である。

※画像は『Twitter』より

関連リンク

  • 10/25 7:27
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます