「家帰っていい?」全男性が反対する嫌な【スキンシップ】とは

拡大画像を見る


好きな人とのスキンシップは、お互いの距離を縮めるキッカケになりますよね。しかし、男性に嫌がられる場所やタイミングなのに、気にせず彼に触れていくことはよくありません。
そこで今回は、すべての男性に反対される、嫌なスキンシップをご紹介します。


ほかの人が見ている前で寄り添う

女性は、彼と仲がいいところを見せつけたいと思って、ついみんなの前でスキンシップをしたくなるもの。しかし、男性は人が見ている前で彼女が寄り添ってくることに抵抗を感じる人が多いです。
そのため、ほかの人が見ている前で彼とスキンシップをするのは、遠慮したほうがよいでしょう。彼との仲のよさは、会話などで表現してくださいね。


疲れているときにもたれかかる

彼女とのスキンシップに癒しを感じる男性はいるかもしれません。ただ、仕事で疲れているときには、そっとしておいてほしい男性も多いです。
ぐったりしている状態で彼女にもたれかかられると、疲れが取れにくいもの。スキンシップをするときは、彼がどれくらい疲れているかよく確認することも大切です。


忙しいときに抱きつく

たとえ家にいるとしても、相手は仕事中の場合もあります。彼がパソコン作業をしているときに後ろから抱きついていくと、迷惑になるかもしれません。
家でスキンシップをするときでも、彼がなにをしているかよく見てからにしましょう。もし、彼がなにかに集中していたら、ミスにもつながるので注意が必要です。


暑い日にベッタリする

真夏の暑い日などは、体を密着させることに抵抗がある人も多いでしょう。そんなときには、たとえデート中でも彼にベッタリひっついていると、余計に暑くなるはず。
とくに汗かきな彼なら、暑い日のスキンシップは避けたくなります。彼とのスキンシップは、映画館など涼しい場所にしたほうがよいでしょう。

男性は、自分の状況を無視されて、彼女にくっついてこられるようなスキンシップを嫌がります。大好きな彼だとしても、スキンシップを嫌がられそうな雰囲気のときには、すぐにやめたほうが無難です。
彼を思いやる気持ちがあれば、快くスキンシップを楽しめるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/25 7:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます