綾野剛“羽生”らアバランチメンバー、半年前に転落死した女性を調査

拡大画像を見る

綾野剛が主演を務めるドラマ『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第2話が、10月25日に放送される。

本作の舞台は、政治家、官僚、大企業といった富と権力を持った“強者”だけではなく、一般市民においてもモラルハザードが叫ばれて久しい令和の日本。謎に包まれた集団・アバランチの過激かつ痛快な活躍が描かれる、令和ニッポンで暮らす人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメント。

先週放送された第1話では、磯村勇斗が事前告知なしのサプライズ出演。ネット上では「急に磯村くんが出てきて興奮した!」「嬉しいサプライズ」などのコメントが寄せられたほか、経済界の重鎮・六車泰次郎(板尾創路)の息子である和也という演どころについても、「悪い男似合うな~」「ああいう役やらせたら右に出る人いない」などの感想が見られた。

<第2話あらすじ>
山守美智代(木村佳乃)は、半年前に転落死した夏川洋子(中島亜梨沙)についての調査をアバランチメンバーに命じる。東南アジアの開発途上国支援に精力的に携わってきた彼女の死について、警察は残された遺書の存在から自殺と断定するが、山守の調べでは不審な点やある大物政治家との関係が疑われていた。

夏川の身辺を調査するうちに、死の直前までやり取りをしていた永井慎吾(久保田悠来)というジャーナリストの存在を知った羽生誠一(綾野)、西城英輔(福士蒼汰)、明石リナ(高橋メアリージュン)は彼の自宅に向かうが、予想外の事態に遭遇する。一方、その頃、大山健吾(渡部篤郎)は内閣情報調査室のエース・桐島雄司(山中崇)を呼び出し、アバランチについての調査を依頼していた。

次第に明らかになっていく夏川が近づいていった“大きな闇”。そんな中、牧原大志(千葉雄大)はこの事件に対して、メンバーの中でもひときわ特別な感情を抱いていた

関連リンク

  • 10/25 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます