『関ジャム』松田聖子を支えた編曲家・大村雅朗という存在。松田、大村、松本隆による天才同士のトライアングル

 10月17日放送『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)は、松田聖子の特集。昨年9月にも彼女の特集は行われているが、そのときはVTR出演だった。しかし、今回はついに本人がスタジオに来た! 松田聖子はもはや歴史上の人物(美空ひばりのような)的扱いを受けている感さえあるが、このプレミア感はどうだろうか。筆者も昔は中森明菜のほうに惹かれていたが、年を経るごとに松田聖子のすごさを俄然再認識した。そんな人はきっと多いのではないか?

 実物の松田聖子は、容姿も声も話し方も可愛らしい。どう見ても、今もアイドル。とても、5カ月後に還暦を迎える人とは思えない。59歳、現役アイドルである。ただ、一つだけ。スタジオ内で彼女に対してだけ度を超えた“女優ライト”が当てられていたのは、何度見てもいただけない。当てすぎてて、マイケル・ジャクソンくらい白かったのだ。あれは不自然である。

マドンナを目指した90年代。そしてアイドルに留まる

 松田聖子ほど名曲揃いのアイドルはめずらしい。あの時代に生き、筒美京平からの提供作がないにもかかわらずだ。彼女自身が“特に好きな曲”として挙げたのは、Holland Rose作曲「ハートのイヤリング」と、呉田軽穂作曲「瞳はダイアモンド」の2曲だった。当時はシンガー・ソングライターが変名でアイドルに曲を提供する風潮があり、前者は佐野元春(ホール&オーツから取ってホーランド・ローズを名乗った)の、後者は松任谷由実による楽曲である。そこに、作詞家の松本隆が加わる布陣。松田聖子というスーパーアイドルと、そこに集まった才能が、ただただ凄すぎる。

 そんな彼女が放った唯一のミリオンヒットは実は90年代にリリースした楽曲、「あなたに逢いたくて ~Missing You」である。当時、松田聖子は全盛期を過ぎていた。さまざまなスキャンダル(暴露本騒動など)でワイドショーの標的となり、30代半ばに差し掛かっていた彼女は、そのタイミングでこの曲をヒットさせた。本当にすごい。音楽プロデューサーの本間昭光は、「あなたに逢いたくて」が収録されたアルバム『Vanity Fair』の中の一曲「Darling You’re The Best」を称賛する。「C’est La Vie」を86年にヒットさせたミュージシャン、ロビー・ネヴィルとコラボして完成した楽曲だ。

「ロビー・ネヴィルと組んだときに『すごいところにアンテナ張ってんだな』と思って。一音楽ファンとしてすごく尊敬する。それでちゃんと96年の最先端行ってますからね」(本間)

「Darling~」はシングルではないものの、MVが制作された。それを見れば明らかだが、彼女はこの頃、間違いなくマドンナを意識していた。アメリカに進出し、映画『アルマゲドン』に一瞬だけカメオ出演していた時代。今振り返ると、迷走していたと思う。偽マドンナ的ディーバの方向へ行かず、アイドルに留まった現在の松田聖子を見ると感慨深い作品だ。

「青い珊瑚礁」セルフカバーでは越えられないオリジナルの輝き

 松田聖子が“普段一番聴いている2作品”として挙げたのは、昨年と今年10月にリリースしたセルフカバーアルバムだった。言ってしまえば、今回のスタジオ出演はこの2枚の宣伝である。

 さて。セルフカバーが功を奏したケースを、筆者はあまり知らない。オリジナルには絶対に敵わないのだ。歌い手は成長するし、キャリアを重ねれば人は変わる。あのとき好きだった声と歌い方が別物になってしまうのだ。松田聖子の歌い方は、特に10年以上前から大きく変わった。キーに関してではない。溜めて粘っこく歌うようになった。ライブを見ると、オリジナルとは明らかにタイム感が違う。

 セルフカバーではアレンジも変えたという。「青い珊瑚礁」のカバーでは、彼女自身の発案で「タカタカタカタカタン」というストリングスをイントロに挿入。そして今回、番組では「青い珊瑚礁」のオリジナルver.とカバーver.の聴き比べを行った。いや、もう圧倒的にオリジナルがいい。40年近く慣れ親しんできた名曲である。あのときの輝きは越えられない。美しい記憶に付け足しをして、良くなることはない。

 昔の大物アイドルは固定の作詞家と作曲家にバックアップされることが多かったが、松田聖子を支えたのは作詞・松本隆と編曲・大村雅朗の2人だ。資生堂洗顔フォームのCMに使われた松田聖子のデビュー曲「裸足の季節」を耳にした松本隆は「この子は僕に合うな」と直感、その後に松田聖子の歌詞の依頼が来て「神様はいるんだな」と感謝したと告白する。

「1981年、南佳孝の『スローなブギにしてくれ』のヒットで僕のスイッチが切り替わった。それまで趣味で好きだった世界に、やっと時代が追いついてくれたなと思った。これで勝負できる、と。当時はニューミュージックと歌謡曲しかないから、僕はその中間をつくりたかった。今はそれをシティポップと呼ぶのかも知れない。そういう時期に出会ったのが松田聖子。アイドルというより『音楽』にしたかった。彼女の活躍で古い歌謡曲が一掃されたよね」(松本)

 まず、松本のコメントがすごい。さすが作詞家、言葉の魔術。そして、松本が目指した「音楽」にする上での重要人物が、大村雅朗である。編曲家として佐野元春のデビュー曲「アンジェリーナ」、大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」、吉川晃司「モニカ」、渡辺美里「MY Revolution」等も手掛けた大村。全部、最高の曲だ。本人の資質と作詞家、作曲家に恵まれたアイドルは他にもいるが、同時に編曲家に恵まれたアイドルは松田聖子だけである。松田聖子、松本隆、大村雅朗という天才同士のトライアングルだったのだ。大村が携わった曲をリアルタイムで聴いていた古田新太は語る。

「すごくオシャレなんですよね。佐野元春さんとか大沢誉志幸さんで、それまであったニューミュージックとは違う音楽が来たなっていうのがあったのよね。聴いてて『あ、オッシャレ~!』みたいな。そこに聖子さんがアイドルで入ってきて、しかも大村さんのアレンジやから、すごくカッコいいしオシャレ。『何なに、これこれ?』っていう。それは戦慄だったですよね」(古田)

 写真に写る際はワイシャツにネクタイ姿でタバコを一本咥え、これがいちいちキマってる。ドナルド・フェイゲン『ナイトフライ』のジャケットを彷彿とさせる大村の姿にはアーバンな雰囲気があった。

「大村くんの功績は大きい。音がオシャレで洗練されていた。聖子さんの作品はリリースのたびに作曲家が変わるんだけど大村くんがアレンジすれば大丈夫、という絶大な信頼感があった」(松本)

 大村は編曲だけでなく、作曲も担当した。その内の一つが「SWEET MEMORIES」である。最初は、細野晴臣作曲「ガラスの林檎」のB面曲だったが、サントリーCANビールのCMソングに選ばれて評判となり、2カ月後に両A面シングルとして再リリース。デビュー後、一度は喉を壊して少しハスキーになり、それでいて高音も出る松田聖子の声質とマッチした色褪せない名曲である。

「ジャズっぽいものだったり、大人の女性の内面とかいろんなものが聖子さんにプラスされて、最初は難しいだろうなと思っていた。でも、奇跡が起きた。普通の歌手や、ましてやアイドルはあそこまで行かないから」(松本)

「私がスタジオに行って初めて聴かせていただいて、『えっ!?』って思ったんですよ。しかも、英語になってたので『もうできない!』って感じだったんですけど。でも、そこで大村さんが『大丈夫、できる!』って(笑)。『はい、頑張ります』って言って」(松田)

 松田聖子にとって大村はただの編曲家ではなく、精神的支柱でもあった。

「『セイシェルの夕陽』を歌ったときに『全然、セイシェルの海になってない』とディレクターさんに言われたときにすごく悲しかったりして。そうすると、大村さんが『風に当たりに行こうか?』って。『お腹空いてない?』とか言ってくださって。それがすごく嬉しかったし、いっぱい助けていただきましたね」(松田)

 両親とケンカし、家出した松田聖子の駆け込んだ先が大村の住むマンションだったというエピソードもある。大村はご両親に電話をし、彼女を家まで送り届けたそうだ。松田聖子と大村は福岡県生まれの同郷、2人には強い信頼関係があった。1997年、大村は46歳という若さでこの世を去った。

「大村くんの曲はアルバムの中の曲ばかりだから忘れ去られても不思議じゃないんだけど、すべて残ってる。それは作品が勝ち得た勝利。『SWEET MEMORIES』も時間をかけてヒットして、スタンダードになった」(松本)

 松田聖子を語るときに松本隆の功績は必ず紹介されるが、大村をここまで掘り下げた特集は今までに見たことがない。松本隆だけでなく、大村雅朗という稀代の編曲家に触れたのは本当に素晴らしかった。

 おそらく、松田聖子の楽曲は美空ひばりと同じように50年、100年経っても聴かれ続けるだろう。また、この日の『関ジャム』を見て、サブスクで改めて松田聖子の楽曲を開拓し直した人も多いに違いない。私はそうだ。

  • 10/24 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます