日テレ郡司恭子、「うっせぇわ」熱唱で絶賛浴びた歌声と“タテ揺れDバスト”

拡大画像を見る

 日本テレビでは現在、次世代の歌い手発を発掘する「NEXT BUZZ AUDUTION」を実施中。芸能事務所やレコード会社に所属していない世間一般から歌唱動画を募集し、審査を経て通過者は番組「バズリズム02」での審査も予定しているという。

 その一次審査の課題曲の一つであるAdoの「うっせぇわ」に、郡司恭子アナが挑戦。その動画が同企画ホームページにアップされ、驚きの歌唱力と、張り出すバストを披露してくれている。

「その様子は日テレ公式YouTubeチャンネルでも公開され『うっせぇわ歌ったら“あざとく”なった?』のタイトルでアップされていますが、郡司アナはあのアップテンポの楽曲をよどみなく歌い上げ、ネット上ではそのレベルの高さに驚きの声が上がっていますね。一方で注目を浴びたのが、パンパンに張り出した推定Dカップのバスト。彼女は白のニット姿でマイクに向かって熱唱しているのですが、それをカメラが真横から捉えていることから、突き出した胸のラインがくっきり。『うっせぇわ』のサビの部分では体を上下させながらリズムをとり、合わせてバストの方も“タテ揺れ”。ファンにとってはタマらない映像になっています」(女子アナウオッチャー)

 郡司アナは比較的、番組合間の短いニュースで原稿読みをする印象が強いが、そんなお堅いイメージとは逆に、自身のインスタではミニのスカートを穿いた私服姿を披露し絶賛を浴びている。今回の熱唱動画でも、意外な一面にヤラれた男性視聴者も多いようで、注目度がグイグイ増しているようだ。

関連リンク

  • 10/25 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます