サプライズのある中華はデートに最適!グルメ欲を満たす名店5選

今や中華も多様な戦況となり、従来の丸テーブルでワイワイというスタイルは主流ではなくなりつつある。

カウンターでワイン片手に。はたまた少量多皿だったりと、自由で柔軟。そして抜群に美味いのだ!

今回は確かな実力を持つ、人気中華5店をご紹介しよう。



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

1.高級食材を“少量多皿”で繰り出す、隠れ家中華が急浮上 『Ji-Cube(ジーキューブ)』


店があるのは、西麻布の交差点にほど近い住宅街。

画家の邸宅だった庭付きの一軒家、というロケーションだけでも圧倒的なアドバンテージを誇るのが、6月にオープンした中華料理店『Ji-Cube』だ。

臨場感抜群のカウンターで、シェフの手捌きに見惚れる


唐辛子など、四川料理に使われる香辛料の色合いをイメージしたカウンター席。

シェフが鍋を振るう様子も目前で、中華の醍醐味を堪能できる。

厨房を仕切るのは、日赤通りで瞬く間に予約困難となった四川料理の人気店『4000 Chinese Restaurant(チャイニーズ レストラン)』で活躍してきた佐々友和シェフ。

新天地では本領の四川料理をベースにしつつ、トリュフやフカヒレといった高級食材を巧みに取り入れた“少量多皿”コースで、ゲストの心を早くも捉えている。

秋の訪れを感じさせる上海ガニを贅沢に使用した、大人の色気漂う一杯

「上海蟹入りフカヒレスープ」は、素材のクリアな味わいをじっくりと引き出したフカヒレスープに、丁寧に身をほぐした上海ガニの旨みが凝縮。料理はおまかせコース(11,000円)より


中でもこの時期ならではの逸品が、上海ガニがたっぷり入ったフカヒレスープ。日本のカニにはない妖艶な香りと、濃密な味わいをしっかりと感じられる一杯だ。

ほかにもトリュフ入りの点心から、違いの冴える定番中華までが次々登場。

1万1,000円というリーズナブルなコースでも、港区の欲張りな男女を驚愕させてくれる。

ここが港区っぽい!


「くちどけ加藤ポーク」のひき肉に、香り高い黒トリュフを混ぜた「黒トリュフの小籠包」がこの日は登場。

港区らしいヒネリが効いた逸品だ。

【デートを成功させるためのポイント!】


最初のデートなら、並んで座ることで緊張感を和らげられる1階のカウンター席がおすすめ。

親密度が増したお2人には、しっとりとした2階の個室(コース 16,500円~)がピッタリです!

「恵比寿で中華」といえば、真っ先に名前が挙がる店!

2.安定感抜群の大物中華が、恵比寿民の恋心を掌握する 『マサズキッチン』


恵比寿で中華といえば、真っ先に名前が挙がる『マサズキッチン』。ここ数年、モダンチャイニーズがブームだが同店はその先駆け的存在。

コンクリート打ちっ放しの壁にオープンキッチンのカウンターは、中華=円卓の概念を一蹴。

13年目を迎えた今なお、輝きを放っている。

何度食べても飽きない逸品に見る、実力派中華の心意気

「黒酢の酢豚」には、口どけがよくヘルシーな「加藤ポーク」の肩ロースを使用。中国の黒酢「鎮江香酢」と日本の米酢をブレンドした餡を絡めた、絶妙な酸味と甘味に唸る。2,500円


そんな空間でいただくのは、中華の巨匠・鯰江真仁シェフが作る、潔い料理の数々。

数ある逸品の中でも、特にリピーターが多いのが創業時からの看板メニューである「黒酢の酢豚」だ。今でこそ一般的な黒酢を使った酢豚だが、当時は革新的な料理として話題に。

無論、それだけに甘んじず「フカヒレステーキ」や「キャビア冷麺」といった、高揚感を煽る贅沢な一皿も生み出してきた。

カウンター中華ならではの、ダイナミックなライブ感を満喫!


「カップルや女性1人でも入りやすいように」と、大理石のテーブルをしつらえたカウンター主体のフロア。

鍋を振る音や、火柱が立つ調理風景が楽しめるのも魅力。

カウンターの活気と、こなれた大人たちが作り出す上質でラフな雰囲気もいい塩梅で、人気の理由は枚挙にいとまがない。

東京中華を牽引してきた重鎮の安定感は、世情が変わろうとも揺るがないのだ。

ここが恵比寿っぽい!


中華とワインのマリアージュに、いち早く努めてきた同店。

「牡丹海老の紹興酒漬け」3,000円には、甘い余韻をキリッと引き締めるシャルドネを合わせる。

【デートを成功させるためのポイント!】


最近の人気店は随時メニューが変わることも多いですが、あえて変わらない味を作り続けています。

ぜひ、色褪せないこの味を楽しみにきてください!

王道中華が軒を並べる銀座にありながら、抜きんでた存在感のある店!

3.軽やかなる創作中華が、美食家のご意見番すら唸らせる 『レンゲ(Renge equriosity)』


王道中華が軒を並べる銀座にあるなかで、洗練されていて、かつ独自の味へのアプローチで抜きんでた存在なのが『レンゲ』だろう。

鬼才・西岡英俊シェフが生み出す料理は、単なる「ヌーベルシノワ」という言葉では言い括れない、自由闊達さが魅力だ。

品があり美しい麻婆豆腐に、思わずワインを傾けたくなる

スペシャリテの「上海蟹味噌の黄金麻婆豆腐」。豆腐は自家製で、正式には豆花。豆乳を流酸カルシウムで固めたもので、絹ごし豆腐よりもつるんとして柔らかく喉越しが良い


スペシャリテの「黄金麻婆豆腐」にしても、上海ガニの味噌を鶏卵でとじ、深みとまろやかさをプラス。コクがありつつも上品で軽やかなその味には、ワインが良く合う。

また前菜には、ホロホロ鳥のよだれ鶏やまぐろと胡瓜の糠漬けの和え物、牛頬肉の煮込みを挟んだ饅頭などが並び、和あり仏ありの変幻自在さで舌を楽しませる。

食材も手法も中華の垣根を軽く飛び越えながら、食後感はきちんと中華で着地する手腕はさすが。

それも、食へのあくなき探求の賜物だろう。

料理への期待が高まる、印象的なシェフズカウンター


2009年、新宿三丁目にオープンした当初は中華タパスブームを牽引。

2015年、銀座への移転を機にコース主体に。オープンキッチンの開放感ある空間に生まれ変わった。

開店して7年だが、食べ慣れた銀座の食通たちに愛され続けている。この店なら、訪れた2人の期待を決して裏切らないだろう。

ここが銀座っぽい!


ワインがすすむ前菜の盛り合わせ。手前から、定番の「ホロホロ鳥のよだれ鶏」や「ピーマン肉詰め」など9種類が並ぶ。18,000円のコースより。

※10月~12月はコースの価格は23,000円~に変更

【デートを成功させるためのポイント!】


特等席はやっぱりカウンター席。目の前で作り上げた料理を、出来立てで召し上がって頂く臨場感もご馳走です!

2人の思い出に残るディナーをプレゼントします。

女子からの支持率が高い、あの店!

4.女子支持率の高さを物語る、料理の実力とセンスの融合 『REI Chinese restaurants(レイ チャイニーズ レストラン)』


立地は代々木上原駅と代々木公園駅の中間地点。駅から離れローカル感が出てくるエリアに、全面ガラス張りの明るい店がある。

ギャラリーカフェのようなお洒落な店内だが、客が口にしているのは焼き餃子に麻婆豆腐。

デートで『REI Chinese restaurants』を訪れると、そんな空間と料理のギャップに気分が高まるはず。

しっとりとした鶏の旨みとピリッとした辛みが、お酒を誘う

「よだれ鶏“REI スタイル”」1,500円。シェフ高島さんの地元・山梨の信玄鶏をしっとりと仕上げた。本場四川のシェフに学んだレシピをアレンジした、コクとキレのあるソースが特徴


この店のオーナーシェフは世田谷の人気店『火龍園』出身の高島泰弘さん。

広東料理の腕を磨き、自身の店で提供するのは誰もが好きな中華の定番メニュー。とはいえ内装と同じく、独自のスタイルが冴える。

例えばよだれ鶏には砕いた唐辛子が振りかけられ、クリスピーな食感がいいアクセントに。

店構えのモダンさから始まり、メニューは本格派、食べればやはりハイセンスとあって、変化ある展開が2人を飽きさせない。

2人の距離を近づける、温かみのある空間


スタイリッシュながらオープンキッチンの活気もある。より臨場感を得られるカウンターがデートにおすすめ。

白基調で女性1人でも気軽に入れそうな温かみのある空間だ。

ここが代々木上原っぽい!


壁にかかるのは気鋭のアーティスト・古門圭一郎さんの作品。白壁に鮮やかな色が映え、店の印象が一気にモダンに。

異なる絵柄で計4枚飾られている。

【デートを成功させるためのポイント!】


カウンターに座ったカップルが厨房の盛りつけを見て「あれ食べたい」と盛り上がっている姿をよく見ます。

料理はアラカルトのみなので、相談しながら決める時間も楽しいですよ。

“大人の隠れ家”感満載の、中華料理店!

5.和の食材で勝負をかけた、美味なる中華に風情あり 『エンジン』


街全体が大人の隠れ家といった風情を醸す神楽坂。『エンジン』の立地もその典型で、細い小径に立つビルに居をかまえる。

入口が非常扉のように簡素なため分かりづらいが、迷う時間もこの街ではまた一興。

扉を開ければ和食店のような温かみを感じる内装でホッと落ち着き、いわゆる中華料理店とのギャップがデートを盛り上げる。

大人な夜にちょうどいい、華美じゃないシックな空間


和を表現する中華だからと風情ある神楽坂を選んだ松下さんは、内装にも和の趣が入るよう設計者に依頼。

オープンキッチンで、調理のスピード感や香りが伝わる造りでもある。

定番酢豚も、しっぽりディナーに相応しい上質な風味に


料理も同じく、和の趣が入るよう工夫。シェフ・松下和昌さんが作るのは、日本の旬の食材を生かした中華料理だ。

黒酢を沸騰させて酸をまろやかにした酢豚は、シンプルながら真似できない味。豚ロースの柔らかさも秀逸なのである。

季節野菜がひとつ入り、この日は石川芋。コース 7,700円より。


スダチを搾って食べるサンマの燻製の春巻き。コースに別途1,045円。


パクチーとピスタチオのソースにのる、ウロコ揚げにした甘鯛。

ピスタチオの自然な甘さが、鯛の食べ心地をリッチにする。コース 7,700円より。

ここが神楽坂っぽい!


情緒たっぷりのエントランスには、ここが店だと分からせるものは何もない。

勇気を出して無機質な鉄の扉を開くと、やっと小さな看板が出迎えてくれるのだ。

【デートを成功させるためのポイント!】


「高級店に負けない本気の料理を、手ごろな価格で」をテーマにしているので、気楽な気持ちで来ていただきたいです。

他の店にはない中華を作っているので、2人で新感覚を味わえます。


■衣装
[男性]ジャケット 69,300円〈シップス/シップス渋谷店 TEL:03-3496-0481〉、カットソー 9,900円〈マジェスティック フィラチュール/インターブリッジ TEL:03-5776-5810〉、パンツ 63,800円〈カナーリ/コロネット TEL:03-5216-6521〉、シューズ 148,500円〈ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店 TEL:03-6805-1691〉、バッグ 112,000円〈フェリージ/フェリージ オンラインショップカスタマーセンター TEL:0120-863-745〉
[女性]ジャケット 84,700円、スカート 52,800円、ハイネックニット 18,700円〈すべてヴィンス/コロネット TEL:03-5216-6516〉、シューズ 104,500円〈セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス TEL:0570-016600〉、バッグ 36,300円、ピアス 38,000円〈ともにジジ/エストネーション TEL:0120-503-971〉


▶このほか:いま、超人気寿司店の二号店がブームだ!『海味』をお得に楽しめる注目の新店

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/1 17:42
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます