【潜入】これがナイロビの公衆トイレだ! カンバ通信:第112回

拡大画像を見る

ジャンボ! チャオスです。ケニアの首都ナイロビでタクシー運転手やっとりますチャオスです。ずっと車を運転してると、必ず行きたくなるのがトイレだよね。ということで今回は、ナイロビの公衆トイレをご紹介〜!

まずは料金。入場料は10ケニアシリング(約10円)で、お金を払うと小さなトイレットペーパーがもらえるよ。もちろんポケットティッシュではなく、トイレットペーパーを切ったもの。長さは、そうだな……

だいたい60cmくらいかな。

んで、まあ用を足すわけなんだけども、トイレの中は当然クサい。いちおうキレイに掃除されてはいるけれど、良い匂いとは言い難い。

あとは水洗ではなく、自分で水を流すタイプだ。デカい水槽があるから、そこから手桶で水をすくって、ザバーと手動で流すんだ。

手を洗うところは、ちゃんと水が出るから安心してね。

ちなみに公衆トイレを探す時は、緑と黄色の配色を探すようにしよう。その組み合わせの建物に人が集まっていたら、だいたいそこが公衆トイレ。「PUBLIC TOILET」って書いてない場合もあるから要注意だよ。では、クワヘリ!

執筆:チャオス(カンバ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 10/24 21:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます