「違う人に送ろうとしてたのに!」誤爆LINEしちゃった時の対処法4選

LINEのメッセージを間違えた相手に送ってしまった、という経験をした人は少なくないのではないでしょうか。

そんな「誤爆」をしてしまった人は、いったいどのように対処すればよいのでしょうか。
今回は「違う人に送ろうとしてたのに!」誤爆LINEしちゃった時の対処法を4つご紹介します。


(1)素直に謝る



誤爆をしたことに気がついた時には、すぐにメッセージを送ってしまった相手に謝ってしまいましょう。
送る相手を間違えたこと、誰に送るはずだったのか、そして謝罪と、要点をまとめて伝えましょう。

聞かれたくない内容だった場合は、口外しないようお願いしておくことも忘れずに。

(2)白状する



誤爆した相手が家族や友人などの、親しい間柄だった場合は、笑い話として白状してしまうのもよいでしょう。
「実は……」と誤爆してしまった経緯も一緒に伝えて、見栄など一切はらないようにしましょう。

普段とはちがった一面を見れたと、相手も一緒に笑い飛ばしてくれるかもしれません。

(3)間髪入れずにボケる



誤爆したことがわかったら、すべてネタであるかのように振る舞ってしまうのもありかもしれません。

白けてしまったとしても、あなたの必死な様子に、相手もからかう気を無くしてくれるでしょう。

(4)何もしない



誤爆した際に、何もしないというのもひとつの方法です。
明らかに相手を間違えているLINEであった場合、メッセージを受け取ってしまった相手も、察してくれる場合があります。

慌てて間違えた対処をするくらいなら、そのまま放置して相手の出方をみてみるのもよいかもしれません。


大切なことは、LINEを送るときには相手をよく確認することです。
楽しいLINEであればよいとして、マイナスな印象を受けるLINEであった場合、関係のない相手に不快な思いをさせてしまう可能性もあります。

それでももしLINEを誤爆してしまったら、ご紹介した4つの対処法を参考にしてみてください。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/24 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます