書くことが少し特別になった時代に!カキモリから「新たのしく書く道具」が誕生


東京蔵前の書くきっかけを作る文具店「カキモリ」は、書くことがもっと楽しくなる「新たのしく書く道具」を 11月9日(火)に発売開始する。

書くきっかけをつくる文具店


「カキモリ」は、2010年に東京蔵前にて“書くきっかけをつくる文具店”としてオープン。


表紙、中紙、リングや留め具を選んで作れるオーダーノートや、一滴ずつ混ぜて色をつくるオーダーインクなど特色のあるサービスを提供しており、海外有力メディアにも掲載され、世界中から多くの人が来店していた。しかし、コロナ禍で店舗に頼ったビジネスが裏目に出て失速。これまでのやり方を改め、次の10年を見据えた「書く道具」を作り、オンラインや卸売を通じて世界中に届ける挑戦を決意した。

書く機会が減る時代に新たに「書く道具」を作る背景

コロナ禍でデジタル化がさらに進むなかで、非合理的であるものの心を楽しませるレコードやコーヒーグラインダーなどが人気を集めている。


手書きも同じ文脈で、多くの手書きはデジタル化される反面、真逆でアナログな万年筆やインク、ガラスペンが人気になりつつある。そこで、ストーリー性が高く感性に訴えるような日本製の「書く道具」を新たに作ることとなった。


自分たちが心から使いたいと思える道具を追い求め、「ガラスのインクボトル」、


「ペンレスト」、


「ペン先とペン軸」を、プロダクトデザイナー小泉誠氏と考え、日本全国の伝統工芸や工場と協業して制作。どれも書く人と共に豊かな時間を積み重ね、いつしか素敵な古道具となれるような飽きのこない道具だ。シンプルでありながらどこかユニークで、「カキモリ」らしさを感じられる仕上がりとなっている。

日本の素晴らしい生産者と共に


同店は、今回のものづくりを通じて、改めて日本の素晴らしい生産者や作り手に出会ったという。この繋がりをずっと大切にしていきたいと考え、生産者との取り組みを広く伝えるため、Webの商品ページでは生産者の名前を明記し、彼らとのストーリーを読みものにしている。

店内イベントや他店とのコラボも


同店では、「新 たのしく書く道具 Kakimori Exhibition 2021 AUTUMN」を10月22日(金)〜12月26日(日)に開催し、新商品の展示を行う。


11月12日(金)〜23日(火)には、「THE LIBRARY」全店にて新製品の販売とオーダーノート受注会を実施。昨年から洋服を作る際に生まれるハギレをノートの表紙にアップサイクルする取り組みを始めており、今年もマーガレットハウエルやイレーヴなどを扱うセレクトショップ「THE LIBRARY」とコラボする。


また、セカンドホーム・サブスクリプションサービス「SANU 2nd Home」に、自然の中で生活を営むライフスタイルを提供するコラボレーションパートナーとして提携。「新たのしく書く道具」のつけペン、インク、ペンレストが全キャビンに設置されるというので、こちらもチェックしてみて。

■カキモリ
住所:東京都台東区三筋1-6-2

画像をもっと見る

  • 10/22 19:17
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます