広瀬すず「情熱大陸」に登場、初の長期ドキュメンタリー取材

拡大画像を見る

11月7日(日)放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」は、若手女優の広瀬すずが登場する。

1998年、静岡県生まれの広瀬さんは、2012年にモデルとしてデビューし、翌年には女優デビュー。映画『海街diary』では日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞し、ほかにも『ちはやふる』シリーズ、『三度目の殺人』、『ラプラスの魔女』、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』「ネメシス」など様々な作品に出演。また、連続テレビ小説「なつぞら」ではヒロインを務めたことも記憶に新しい。

現在23歳、デビュー10年目。番組では、数々の賞を受賞し、主演作が相次ぐ広瀬さんの多忙な日々と真摯に役に向き合う姿を、1年に渡り取材。自身初となる長期ドキュメンタリー取材で、輝きの源に迫る。

「情熱大陸」は11月7日(日)23時~TBS系にて放送。



(cinemacafe.net)

関連リンク

  • 10/24 23:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます