「虹オオカミ」最終回、告白成功したペアは?“オオカミくん”が虹の前で誓った約束に感動<虹とオオカミには騙されない>

【モデルプレス=2021/10/24】24日、ABEMAによるオリジナル恋愛番組「虹とオオカミには騙されない」(日曜よる10時~)の最終話(1時間SP)が放送され、“オオカミくん”が判明し、男女11人の恋が完結した。<※記事内ネタバレあり>

◆「虹とオオカミには騙されない」

日本の10代・20代女性の70%以上が視聴する恋愛番組にまで成長し「オオカミ」シリーズは、最高の恋をしたい男女が、デートや共同作業を通して恋の駆け引きを繰り返し、本気の恋に落ちていくまでを追いかける番組。出演するメンバーの中に、好きなフリをして真実の恋を惑わす「嘘つき“オオカミ”」が1人以上紛れ込んでおり、予測不可能な恋の駆け引きと、真実の恋を手にするべく恋に悩み葛藤する男女の等身大でリアルな姿が最大の見どころとなる。

2017年よりスタートし、男子メンバーに“オオカミくん”が紛れ込んでいる「オオカミくん」版を5シリーズ、2019年から男女逆転版の「オオカミちゃん」版を2シリーズ配信。2020年に2作ぶりに“オオカミくん”版が復活し、前作「恋とオオカミには騙されない」で“オオカミ”の性別が一切不明という新ルールにリニューアルした。

女性メンバーは、アリアナさくら(17)、モデルで女優の安斉星来(あんざい・せいら/17)、モデルで女優の和内璃乃(わうち・りの/18)、ダンサーのmomoca(ももか/20)、TikTokerでモデルの加藤乃愛(かとう・のあ/18)、ガールズ・ユニオンFAKYのメンバーTaki(21/タキ)、(以下それぞれさくら、セイラ、りの、モモカ、のあ、タキ表記)。

男性メンバーはモデルで俳優の大平修蔵(おおひら・しゅうぞう/20)、俳優の西岡星汰 (にしおか・しょうた/17)、堀海登(ほり・かいと/22)、アーティストのYOSHIKI EZAKI(よしき・えざき/19)、俳優の山下航平(やました ・こうへい/22)(以下それぞれしゅうぞう、しょうた、かいと、エザキ、こうへい表記)。

スタジオMCは前回に引き続き、横澤夏子、飯豊まりえ、滝沢カレン、神尾楓珠。モデルプレスではメンバーそれぞれの素顔に迫ったインタビューを公開している。

◆両想いペアが無事3組成立

第9話にて視聴者による「オオカミ投票」にて1位となったのあが脱落。前回、のあが復活し、男子の中に“オオカミくん”が1人以上潜んでいることが明らかになった。

最後にそれぞれの思惑が交錯するLINEが飛び交い、そして迎えた最終告白の日。女子から告白となり、男子は告白にOKの場合風船を渡し、“オオカミ”だった場合、風船を離すルール。

まずモモカはエザキの元へ。中間から両想いになった2人だが、モモカは第一印象で想いを寄せていたかいとからギリギリにアプローチされ、どちらを選ぶか注目が集まっていた。モモカが「本当に一緒にいると楽しくてエザキと一緒にいるときの自分はありのままでいられて一緒にいる空間はすごく楽でエザキのことがすごく好きだなって思いました」と告白すると、エザキは風船を渡し、「俺はモモカが好き」と改めて気持ちを伝えた。

次にりのは第一印象から両想いのこうへいに「初めて会った日からこうへいくんはいつも気持ちを伝えてくれて、私がなにかしたらそれを上回って楽しい時間にしてくれるのがすごく好きでした。この夏こうへいくんと出会って幸せな時間でした」と告白。風船を渡したこうへいは「大好き」と砂浜に描き、りのも「私も好きです、ちゃんと」と照れながら伝えた。

前シーズンの「恋とオオカミには騙されない」から継続参加したタキはしょうたに告白し、念願の成立。「自分の気持ちにもっと早く気づいていたらもっと思い出作れてたと思う。これからもっと2人で思い出作りたい」と告白したタキに、しょうたは風船を渡した。タキはしょうたに目をつぶらせるとほっぺにキスをし、「ずっと待っててくれたからありがとう」と感謝した。

◆“オオカミくん”の2人が最後に伝えた言葉

しゅうぞうへはセイラとさくらが告白し、2人はそれぞれ気持ちをぶつけたが、風船は2人の元に渡る前に空へ舞い上がり、しゅうぞうはさくらに手紙を渡して去った。

手紙には「大好きだったその笑顔を最後まで守ることができなくてごめん。ただ最後に一つだけ、さくらは俺が17歳のときに憧れていた17歳でずっと尊敬している。俺はオオカミだったから嘘をついていたけどこれだけは本当だってこと信じて欲しい」とつづられており、さくらは号泣した。

実は最後の月LINEでセイラの前で自らホースで水を出し、虹を作っていたしゅうぞう。今回「オオカミはメンバーと2人きりで虹を見た場合、虹が出ている間は一先の嘘をついてはいけない」という特別ルールがあり、しゅうぞうは「虹って『約束する』っていう意味あるらしいんだよ。好きってことを約束する」とセイラへの気持ちは本心であると誓っていた。

さらに“オオカミくん”は一人ではなかった。復活したのあは誰にも告白しないことを決意し、当日の朝にかいとに報告。最後に9人へかいとからの手紙が渡され、「僕はオオカミでした」と告白が。「最終告白をしなかったのあの決断は全て僕のせいです。僕はオオカミだからのあが復活することを知っていました。オオカミであれば復活したのあを最後まで騙し続けるべきだったと思います。でものあをこれ以上傷つけることは僕にはできませんでした」と、のあの脱落後、モモカに気持ちがあるように嘘をついたことを打ち明けた。

飯豊はしゅうぞうの虹の使い方に「今回虹がこんなに良いお仕事してくれると思わなかった」と感動。かいとに対しても「騙し方に包容力を感じました」と話していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/24 23:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます