モロッコで誕生した9つ子、全員が揃った写真初公開「マリへの帰国ももうすぐ」と両親

拡大画像を見る

マリ、トンブクトゥ在住のハリマ・シセさん(Halima Cisse、26)が5月4日、カサブランカのアイン・ボルハ(Ain Borja)クリニックで9つ子を出産したことは記憶に新しい。25歳だった母親は当初7つ子を妊娠しているとみられていたが、誕生したのは女児5人、男児4人の9つ子だった。

ハリマさんは妊娠30週で帝王切開となり、出産前の9つ子と羊水の重さの合計は約30キロにもなった。分娩中に大量出血し一時は危険な状態だったが、現在はずいぶんと回復しているという。

ハリマさんは当時のことを「出産には姉妹アイーシャ(Aisha)が立ち会い手を握ってくれていました。赤ちゃんが次々と取り出されるのは認識しており、私は『こんなにたくさんの子供をどうやって世話したらいいの? 誰が助けてくれるんだろう』とそんなことばかり考えていました」と振り返り、「出産後はなかなか体力が戻らず一日のほとんどを寝て過ごすこともあった」と述べた。

一方で体重が約500~1000グラムで誕生した9人は、新生児集中治療室で24時間体制のケアが続けられてきた。7月には一日におむつ100枚と6リットルのミルクが必要であることが報じられ、7月9日にはコロナ禍で入国が遅れたマリ海軍の船員である父カデル・アービーさん(Kader Arby、35)と初めて対面を果たした。また8月初めには保育器を卒業し、以後は病院近くのアパートで医療スタッフの監視のもと両親と一緒に暮らしている。夫妻には2歳半の娘がいるが、現在は親戚が面倒を見ているという。

もうすぐ生後6か月を迎える子供たちを前に、ハリマさんは最新のインタビューでこう語った。

「9人はとても元気で日に日に力強くなっており、私は子供たちの世話ができることに喜びを感じています。もうすぐフルタイムの医療的ケアから解放され、マリの自宅に帰ることができるのではないかと期待しています。」

なおハリマさんのモロッコでの出産はマリの暫定大統領バ・ヌダウ氏(Bah Ndaw)の指示によって実現しており、『The Sun』はこれまでにマリ政府が負担した費用は約1億5600万円(100万ポンド)に上ると伝えている。

カデルさんは9つ子がたくさんのサポートを受けてすくすくと育っていることに感謝し、次のように述べた。

「9人を育てることは経済的にかなりの負担になるため、バ・ヌダウ氏には非常に感謝しています。息子の一人はバ氏の名前から、またもう一人はモロッコ国王のモハメッド6世に敬意を示して名付けています。」

「妻は一人っ子で、私にはきょうだいが8人いますが、家族に多胎児はいないため9つ子の誕生は神様からの贈り物だと思っています。」

「マリの自宅は3寝室しかなく10人の子供がいる家族には手狭なため、大幅な増築が必要になります。ただ大切なことは家族全員が安全で健康でいることで、私たちは全てを前向きに考えています。世界中から温かいメッセージが届いており、帰国して家族全員で暮らせるようになることを楽しみにしています。」

ちなみに9人の名前は、イスラム教の慣習に従って誕生から7日目に明かされた。誕生した順番と名前、現在の体重は以下の通りである。

カディディアちゃん(Kadidia、女)2840グラム
モハメッド6世君(Mohammed VI、男)3315グラム
ファトゥマちゃん(Fatouma、女)3130グラム
ウマル君(Oumar、男)2400グラム
ハワちゃん(Hawa、女)1585グラム
アダマちゃん(Adama、女)2720グラム
バ君(Bah、男)2900グラム
ウムちゃん(Oumou、女)2795グラム
エル=ハッジ君(El Hadji、男)1870グラム

画像は『The Sun 2021年10月24日付「ALL 9 DOING FINE Nine babies born in world record delivery are ‘getting stronger every day’」』『News24 2021年10月22日付「Pictured all together for the first time, the world record breaking nonuplets (and mum & dad)」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 10/24 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます