ワッフルメーカー、ミル、レンジ調理器...ダイソーで買うべき話題のキッチン雑貨3つ

拡大画像を見る

日常生活に便利な商品が多く揃う、100円ショップ「ダイソー」

今回はそんなダイソーで手に入る、あったら便利な調理グッズを3つまとめて紹介します。

温・冷両方のうどんが作れる

・ワンハンドスパイスミル

粒状のスパイスを粉末にしてくれる商品です。ステンレス製で重厚感があり、SNS上では「シンプルでスタイリッシュで最高」「片手で使えるので便利」といった口コミでじわじわと注目を集めています。

サイズは約直径27mm、長さは151㎜と、手に収まるサイズ。幅を取らないので、キッチンに置いておくのはもちろん、キャンプでも役立つアイテムです。

スパイスミルは両手を使ってガリガリと挽くものもあれば、電動で電池が必要なタイプもありますが、この商品は、片方でOK、電池も不要です。

上部を何回かプッシュすると、粉末状になったブラックペッパーが出てきます。そこまで力を入れなくても挽くことができました

味付け、料理の仕上げにブラックペッパーなどをサッとかけるときにはとっても便利。キャンプにもおすすめです。価格は550円ですが、1個持っておいて損なしです。

・電子レンジ調理機(冷凍うどん用)

黒い容器と半透明のザルの2点がセットになったもので、これ1つで、温・冷両方のうどんが作れる優れものです。解凍後はそのまま器としても使えるので、洗い物も増えず使い勝手も抜群です。

ザルに張り付けてあるラベルの裏側やザルには、作り方なども記載されています。

たとえば「冷やしぶっかけうどん」を作る場合、容器に水を大さじ2杯(30ml)入れます。冷凍うどんを袋から出し、容器に入れ、ザルを軽く重ねます。こうすることで水分の蒸発を防いでくれます。

準備が終わったら電子レンジで加熱していきます。温め時間は冷凍うどんの袋に記載の温め時間に、30秒プラスするだけ(500Wか600W)。たとえば加熱時間が500Wで3分30秒の場合、500Wで4分間チンしてください。

加熱が終わったら、うどんを軽くほぐしてからザルに移し、湯切りをします。最後は、うどんを黒い容器に戻してできあがり。つゆをかけ、好みの具材をトッピングすれば完成です。"冷やし"で食べる場合は、湯切り後流水でしめ、容器に戻しましょう。

実際につくってみると、うどんはしっかりと解凍できていてちょうどいい歯ごたえです。レンチンしている間は他の作業ができますし、そのまま食卓で使えるデザインなので余計なお皿を用意する必要がなく、楽ちんでした。

SNS上では「とても便利」「ザルの蓋がついててこのまま食える」「開発した人は天才すぎる」といった声が上がっています。1人分を作るのであれば、大活躍してくれること間違いなしです。

価格は110円です。

※加熱時間は200gのうどんを基準とした目安。使用の電子レンジ、その他の諸事情によっても異なります。

これは凄い!美味しいワッフルが完成

・ワッフルメーカー

生地を流し込んで本体を閉じ、数分焼くだけで、ワッフルが作れる商品です。

サイズは約34.5×14.3×厚み3.3cm。重さは約400g(編集部調べ)。そこまで重さは感じず、誰でも扱いやすいと思います。直火専用で、電磁調理器では使用できません

生地を端までしっかりと流し込んだら本体を閉じ、取っ手の金具をしっかり留めたら焼く準備は完了。ガスコンロの弱火で片面約3分、反対面2分ほど焼けばOKです。

生地の流し込みすぎはダメですが、全体にいきわたるように流し込むと、パッケージ写真のような四角いワッフルができます。

熱々の状態だと生地が少し柔らかかったですが、少し冷ますと、外側がカリカリ、中はふんわりとした食感で美味しかったです。チョコやホイップなどトッピングすれば、カフェで食べるようなワッフルに仕上がりますよ。

上下分かれるタイプではないので洗いにくさは少しありましたが、使い心地は問題なし。自宅で使うのはもちろん、キャンプなどにも活躍してくれそうです。

ダイソーの商品ですが1100円です。

以上3つ。店舗によってはない場合もありますが、見つけたら手に取ってみて!

関連リンク

  • 10/24 19:00
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます