登山中に声をかけてきた年配女性 発した言葉に「ゾッとした」「意味が分かると怖い」

拡大画像を見る

秩序や安全を守るため、社会ではあらゆることにルールが定められています。

また、誰かがはっきりと定めたわけではなくとも、マナーとして周知されているものもあるでしょう。

趣味で登山をしている、まるいがんも(@kenihare)さんは、山での出来事について漫画化。

登山中だったまるいさんは、通りすがりの年配女性による重みのあるひと言を耳にしたといいます。

「道を譲る際は、山側に身体を寄せる」というのは、登山をする人たちに知られているマナーです。

その理由は、万が一ぶつかってしまった時の転落を防ぐため。谷側の人が道を譲ると、転落するリスクが高まってしまうのです。

また同様の理由で、登る人か降りる人が道を譲る場合、登る人を優先します。これらは過去の事故からできたマナーなのでしょう。

年配女性の「それで落ちた人を何人も見ている」という背筋が凍る言葉からは、自然の強大さとマナーの重要性が伝わってきます。

まるいさんの漫画は拡散され、登山の豆知識に驚く声や、年配女性の言葉に恐怖を覚える声が上がりました。

・最後のひと言にゾッとした…。ちゃんと覚えておこう。

・登山をする人の間では有名でも、意外と知られてないんだよねコレ。

・意味が分かると怖い系の話だ。親切な人は、あえて危険な谷側に身体を寄せてしまいそう。

多くの人が、ルールやマナーには何かしらの理由があるということを再認識させられたようです。

[文・構成/grape編集部]

出典 @kenihare

関連リンク

  • 10/24 16:01
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • トリトン

    11/2 20:57

    車の堤防登る細い道も同じ感じですよね。

  • て言うか、これで事故が起きて死亡者が出た場合、他に目撃者が居なくて事故の真相が分からず!どちらかに不注意が有ったか事件性が有るか?、何も真相を探れないケースも多そうだね?※、相手が不注意で落ちたのに譲った方が不注意や責任を疑われるなんて場合も辛いなあ※

  • 世の中には知らないと怖い常識がその世界ごとに有るよね※人間の一般知識なんて本当に限られた範囲の事しか知らない※、だからこそ!逆に、新たな事を始めるのは「新鮮な驚きや感動が次々と感じれる!」って楽しみが有ったりもする!※

記事の無断転載を禁じます