西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図──「まだ戦が足りん!」発言や突然の渋沢邸訪問にあった真意とは

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

 “明治維新の意義”を真正面から問いかけている『青天を衝け』。なかなかの意欲作だなと思うところはあります。徳川慶喜など「大河ドラマ」に頻出の有名人物の描かれ方が従来とは異なるケースも見受けられ、西郷隆盛もその一人でしょう。『青天~』の明治新政府編が始まって以来、博多華丸さんのニヒルな演技、“心の闇”を感じさせる表情が一層濃くなった印象があります。

 しかし、いまひとつ劇中における西郷の立ち位置がわかりづらいという視聴者の声があるのも事実でしょう。最近の放送内での西郷の動向については、岩倉具視がしきりに「西郷は(鹿児島から)まだ出てけぇへんのか」と大久保利通に言っていたり(第29回など)、その岩倉が鹿児島に出張し、西郷に新政府に戻ってきてと懇願した結果、ひさびさに東京に出てきた西郷が会議の席でいきなり「まだ戦が足りん!」と言いだしたり(第30回)。前回の第31回でも、新政府内の重役会議の席に出て、言い合う面々をよそに一人で「宮さん、宮さん……」とボンヤリ歌っている謎めいた姿が見られました。

 この「宮さん……」は「トコトンヤレ節」という明治初期の流行歌で、「戊辰戦争」における新政府軍(=官軍)の進撃を歌っています。当時、西郷は官軍総参謀を務めていました。その彼が「トコトンヤレ節」を口ずさんでいたのは、「まだ戦が足りん!」という第30回のセリフにつながるもので、西郷の“本心”を匂わせる描写だったといえるでしょう。この時、岩倉や大久保ら政府の中心メンバーが職務を放り出すかのように使節団を作ってアメリカに出かけてしまっていたので、西郷はその穴埋めに駆り出されて会議に出席していました。西郷がうつろな表情だったのは、イヤな仕事を割り振られてしまったという気持ちが強かったからではないでしょうか。

 政府の最高責任者たちの代理役としての西郷の姿を要約すると、「私が責任を取るから、君たちは好きに動きなさい」といわんがばかりに部下たちに働かせる一方で、本人が熱心に取り組んだのは、明治維新で没落した「不平士族」たちの救済問題、そして明治天皇を各軍のトップである「大元帥」として育て上げるための宮中改革でした。

 西郷の働きぶりは、明治天皇には大きな影響を残すことはできましたが、その他の方面での“高みの見物”的な仕事の仕方は、クセの強い人々が跳梁跋扈する新政府内では通用せず、さまざまな批判を浴びるようになります。特に、旧・薩摩藩の最高権力者だった島津久光との関係が再び険悪になっていたことも、実はストレスに弱く、メンタルヘルスを害しやすい西郷にとっては手痛い打撃でした。

 西郷の批判の目は、新政府の同僚の暮らしぶりに向けられました。西郷は新政府で仕事することを嫌っていましたが、その理由の一つが、高官に成り上がった新政府の役人たちが高い給料をもらい、金に物を言わせて生きているさまに反感を抱いたからでした。

 西郷は明治3年末(1871年)、彼を東京に連れ帰ろうとした岩倉具視に「新政府で働く条件」といわんばかりの「改革案」を手渡しました。この時、西郷は「政府の中枢に位置する要路の者は驕奢(=贅沢)な生活を止め、質朴の風を守るべきである」と書いています。

 しかし、金権主義的な新政府の役人たちの姿は、西郷が東京に出てきた明治4年(1871年)以降も改まらず、特に彼をイライラさせたのが、大隈重信の築地の大邸宅と華麗な暮らしぶりでした。大隈のライフスタイルは「大名生活」(「東京朝日新聞」大正3年4月15日付)として、世間から一目置かれるほどだったとか。西郷いわく大隈は「詐欺師」で、軽蔑の対象でした。明治5年には、新政府の実質的な最高職にいる三条実美が「茶屋遊び」をしていることにも怒りを隠せなかったそうです。

 こうした他者批判は、この頃すでに西郷のメンタルヘルスが大きく揺らぎ、ノイローゼ状態だったために他罰思考が強まっていたことの証しとも言えるでしょう。板垣退助の証言によると、西郷は「むしろ北海道に引込(ひきこん)で、鍬(くわ)を提げて終わらんかと思う」とも言っていたそうです。

 しかしこの時期、史実の西郷(と家族たち)はきわめて裕福で、それなりに金を使って楽しく生活できていたようです。かつて『西郷どん』(2017)では、西郷は庶民たちと長屋に暮らしているという設定になっていましたが、史実の西郷は新政府内ではもっとも給与面で厚遇されていた人物であり、その暮らしぶりも“清貧”とはかけ離れたものだったのです。

 岩倉からの新政府出仕要請を断りきれず、西郷は明治4年に上京します。この時の西郷は日本橋のはずれの人形町という一等地に約2600坪の土地を現金購入し、家族の他に書生15人、下男7人が暮らせるだけの豪邸を新築しています。猟犬も数頭ほど飼っていたそうです。これほどに彼が富裕だったのは、なかなか上京しようとしない西郷に、新政府が多額の年金を与えていたからです。

 さらに明治5年、西郷は陸軍大将の地位に上り詰め、500円(現在の1000~2000万円に相当)もの月給を受け取れることになりました。ボーナス抜きで考えても、年俸1億2000万円以上のサラリーをもらっていたのですから、相当な高収入です。それで“清貧”をアピールされても……と思ってしまうのは筆者だけでしょうか。彼にとって“質素な生活”は、我々が考える“豪邸暮らし”に相当するようです。

 特権を享受してそれなりに裕福に暮らしながら、自分以上に金を使う他人の生き方には激怒する西郷。そこには、明治維新後の西郷が生き様において大きな矛盾を抱えてしまっていた姿が象徴されている気がします。

 彼はもともと自分の好悪の感情に大きく左右される生き方の人物でした。また、本能型あるいはインスピレーション重視型で、不可思議な言動を取ることもしばしばでした。

 『青天~』の西郷の「まだ戦が足りん!」発言については、井上馨がすんなり「廃藩をやれと言うとるんじゃ」などと西郷の意図を渋沢たちに説明していましたが、実際はもっと現場を混乱させています。

 渋沢栄一が息子の秀雄に語った内容(『父 渋沢栄一』実業之日本社)によると、明治4年6月、欠席がちだった西郷がやっと会議に出てくれることになり、重大な議題だった「君主権と政府権の区別」について審議することになったのですが、遅刻して「ヌーっとはいってきた」西郷はいきなり「まだ戦争な足り申さん」と、まったく場違いなことを言い出したのでした。これに渋沢などは「西郷はウツケ」と感じたとさえ言っています。

 この「戦争が足りん」発言を受けて、木戸孝允が“西郷さんは何の会議かもわからずに来たのだな”と気を回し、説明を最初からし直したのですが、西郷は「いや、話の筋はわかってい申すが、そぎゃんこと何の必要なごわすか? まだ戦争な足り申さん。も少し戦争せななり申さん」などと、“戦争が足りない”の一点張りで2~3時間も空費し、会議は「流会になってしまった」そうです。

 その後、渋沢は井上馨から、例の西郷発言が意味するところは“不平藩士が廃藩置県に怒って戦争を始めるだろうから、政府としてもそれを迎え撃たねばならない。君主権とかいう議論はその後にすべき話題だろう”という解釈を聞き、やっと納得できたそうです。

 文脈をいっさい読まず、謎めいた言動をして、周囲に自分の真意を判断させる……そんなまるで預言者のように振る舞うことを西郷は好みました。

 先週の内容でも、西郷が突然、渋沢宅を訪ねてきて酒を飲み交わすシーンが描かれましたが、あれも『父 渋沢栄一』に出てくる逸話をベースとしています。明治5年の「ある一日」、当時、神田小川町に暮らしていた渋沢のもとに西郷が訪ねてきて、(ドラマでも以前に描かれたように)京都で豚鍋を一緒に食べて以来の会食をすることになったそうです。

 この時の西郷の用件は、二宮尊徳(いわゆる二宮金次郎)が「旧相馬藩」に残した「興国安民法」なる制度が廃藩置県で消え去るのが惜しいと陳情を受けたので、なんとかしてくれということでした。しかし渋沢がその法の内容について聞くと、西郷は「知らない」と一言。逆に渋沢が説明せねばならず、13歳も年下の渋沢から西郷は「あなたは本当に参議という政府の重職を務めているといえるのですか?」と “皮肉”を言われてしまったそうです。

 もっとも、史実の渋沢はドラマで見る以上に理詰めの能弁家ですから、こういう対応しかできず、それゆえ西郷から本音を引き出せなかったように筆者には思えてなりません。

 俗っぽい表現をすると、西郷は“不思議ちゃん”なのです。そして、その言動にまつわる不可思議な空気の中に、本人すら意識していない真実が隠されていたりするのです。この時も、実際の西郷の訪問目的は別にあったのかもしれません。西郷は渋沢に「オイドンは今日何しにき申したかな?」などと笑いながら帰っていったようですが、本音を打ち明けられず、おどけてしまったのではないでしょうか。西郷がこの時すでに心身症からくると思われる激しい胸の痛みに人知れず苦しんでいた事実を考えると、ただおおらかでノンキな人だったわけではないことがわかります。

 近代政府における役人としてのポテンシャルは微妙かもしれませんが、西郷は妙に高い人望の持ち主ではありました。この時の訪問が、職務に病み、疲れた西郷が、大蔵省の重要人物に出世していた渋沢を見込んで相談しにきたものだったとしたら、そして彼の真意を渋沢が見抜けていたのなら、その後の西郷の新政府辞職、そして「西南戦争」の勃発の悲劇なども防げたのかもしれません。

<過去記事はコチラ>

  • 10/24 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます