宮迫博之さん「プペルになりきって生みの親に会いに行きました」 再上映記念で西野亮廣さんの家に突撃

拡大画像を見る

10月21日、元雨上がり決死隊の宮迫博之さんが

【えんとつ町のプペル再上映記念】西野の家に凸してもプペルの格好なら怒られない説

と、

【えんとつ町のプペル再上映記念】西野の家に凸してもプペルの格好なら怒られない説
https://www.youtube.com/watch?v=uVMib_HRrZc[リンク]

という動画にリンクを貼りツイートを行った。
10月22日より、ハロウィン限定復活上映が行われている『映画 えんとつ町のプペル』。それを記念し(!?)、ゴミ人間・プペルに扮した宮迫さんが映画の製作総指揮をつとめた西野亮廣さんの家に突撃したようである。
かつて、極楽とんぼ・山本圭壱さんと一緒に西野さんの家を訪れ、そのときの動画は「神回」と称賛されていたが、それ以来の“襲撃”と相成った。

迷惑そうな表情をしながらも、宮迫さんを招き入れる西野さん。「プペル」の映画や舞台の話で盛り上がっていたかと思えば、宮迫さんが脱毛により「イルカのようになっている(西野さん評)」下半身を披露するなど、かなりカオスな内容となっていた模様。興味のある方、ご覧になってみてはいかがだろうか。

※画像は『Twitter』より

関連リンク

  • 10/24 14:40
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます