第100回高校サッカー選手権北海道代表は北海高! PK戦の末に旭川実を下す

拡大画像を見る

 24日に第100回全国高校サッカー選手権北海道予選決勝が行われ、北海高校が全国への切符を掴んだ。

 準決勝で昨年の優勝校・札幌大谷を下した北海高は、決勝で旭川実高と対戦。互いに一進一退の攻防を見せると、80分間では決着がつかず延長戦へ。そしてその延長戦でも得点は生まれず、試合はPK戦へと突入した。両チーム3人目まで全員が成功して迎えた4人目、先攻の旭川実高が失敗するも、北海高は5人全員がゴールを決めた。

 この結果、0-0(PK:5-4)で北海高が2年ぶりとなる全国大会出場を手にしている。

関連リンク

  • 10/24 14:50
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます