レノボのアンドロイドタブレット 「5G」通信対応、ソフトバンクから

拡大画像を見る

ソフトバンクは、国内の通信事業者では初の取り扱いだという第5世代移動通信システム「5G」対応のレノボ・ジャパン製Androidタブレット「Lenovo TAB6(レノボ・タブ・シックス)」を2021年10月22日に発売。

未就学児や小学生以上など3つのモード

約10.3型WUXGA(1920×1200ドット)TFTディスプレー、チップセット「Snapdragon 690 5G」、メモリー4GB、内蔵ストレージ64GBを搭載。大容量コンテンツなどもストレスなく楽しめるという。

IPX3生活防水とIP5X防塵性能を備え、水回りや屋外でも安心して使用できる。スマートフォンとタブレットを連携するアプリ「連携しよう」を搭載し、スマートフォンへの着信やメールの受信通知を本機で受け取れるほか、スマートフォンの写真を転送可能。

未就学児向け「キッズスペース」、小学生以上が対象の「学習モード」、アプリの簡単な切り替えや画面の分割表示に対応した「PCモード」各モードを実装する。

OSは「Android 11」をプレインストール。メインカメラ、サブカメラともに約800万画素。microSDXCカード(最大2TB)対応。IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.1をサポートする。バッテリー容量は7500mAh。

カラーはアビスブルー、ムーンホワイトの2色。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/24 10:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます