返信が面倒!自然消滅に持ち込みたくなる男性からのLINE9パターン

知り合った女の子とLINEを始めるも、いつもフェードアウトされてしまうとお悩みの方は少なくないことでしょう。それはもしかしたらあなたのメッセージのせいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「返信が面倒!自然消滅に持ち込みたくなる男性からのLINE」をご紹介します。

【1】興味がない段階で送られてくる「身辺雑記」
「そこまでおめーの生活に興味ねえよって思う」(10代女性)というように、親しくもないのに日記的なLINEを送り、スルーされるパターンです。せめて笑えたり、共感が持たれるような「オチ」を用意しておきたいものです。

【2】今日どうだった?何してるの?などの「ざっくりした問いかけ」
「質問が大きすぎて何を話せばいいのかわからない」(20代女性)というように、大まかすぎる問いかけで返答に困らせてしまうパターンです。挨拶がわりに聞いているつもりかもしれませんが、いきなり用件から切り込んだほうが相手も対応しやすいかもしれません。

【3】返信をしないうちに矢継ぎ早に送られてくる「連投質問」
「返事しないのは忙しいか面倒くさいかどちらかだから、そっとしといて!」(10代女性)というように、返事がないのにメッセージを連続して、迷惑がられるパターンです。特に既読スルーを繰り返されたときは、履歴をさかのぼって自分に面倒くさい点がなかったか確認してみましょう。

【4】「まじ?」「それで?」などそっけなさすぎる「短文」
「反応が常にひと言だと、それ以上話が広げられないので困る」(20代女性)というように、あまりにも返信がそっけないせいで、やりとりが続かないパターンです。忙しいときほど「とにかくレスしなくちゃ!」と焦って短文になりがちなので、いったん落ち着いてから改めて文章を考えたいものです。

【5】話題がないのを穴埋めしてるの?「無意味なスタンプ」
「いいタイミングで面白いスタンプを送ってくれるといいけど、だんだんスタンプ頼みになるとつらい」(10代女性)というように、スタンプでネタ切れをごまかしているのがばれてしまうパターンです。もっともネタがないならないで、いっそのこと日々違ったスタンプを買い漁るとよいかもしれません。

【6】独りよがりに続ける長文の「自分語り」
「とにかく1回のLINEが長すぎて、返事するのがたいへん」(20代女性)というように、読み通すのにも一苦労のヘビーなメッセージで負担をかけてしまうパターンです。相手の女性が長文好きならこの限りではないので、ペースはあくまで相手にあわせましょう。

【7】盛り上がれるかと思ったら知識がなさすぎる「浅い趣味の話」
「音楽好きだっていうから好きなアーティストを聞くと田舎のヤンキーが聞くようなやつばかりだった」(20代女性)というように、趣味の話が浅すぎて、呆れられるパターンです。趣味で自分をアピールするのはともかく、盛りすぎは禁物でしょう。

【8】元カノや、自分の身の回りにいる「女の話」
「今日逆ナンされたとか、あいつ俺に気があるとか、聞いてないし」(20代女性)というように、ほかの女性の話題に終始して、空気が読めないと思われるパターンです。女性を話題にするにしても、共通の知り合いを出すなどして返信を得やすいようにしましょう。

【9】こっちの気持ちを無視した「今度どこか行こう」
「まだ、そんな気分じゃないのに飲みに行こうとか言われてもなー」(20代女性)というように、まだLINEですらあたたまっていないのにデートに誘って玉砕するパターンです。せめて映画の話や、新しくできた飲食店の話などで盛り上がってから「一緒に行こう」などとつなげたいものです。

LINEが終わってしまうのは「重すぎる」「軽すぎる」「空気が読めていない」というのがおおよその原因のようです。自分のスタイルばかり貫きすぎず、まずは相手の出方を見て、少しずつあわせていくのが大事かもしれません。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/24 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます