松田聖子は「強すぎる力」でホラー映画監督デビュー!有村架純、大島優子、高橋みなみは「ドラマ化」!!異常霊感芸能人…「見える」!

拡大画像を見る

 アイドルとしてデビューしてから40年が経ってもなお第一線を走り続ける松田聖子(59)。そんな彼女が、『ゲーム・オブ・スローンズ』などで知られるHBOが展開するHBOアジアの作品『フォークロア2:あの風が吹いた日』で監督デビューを飾る。

 10月30日に開幕する『第34回東京国際映画祭』で世界初披露される同作は、スティーヴン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューも飾った森崎ウィン(31)やモト冬樹(70)、木村多江(50)らが出演。アイドルの松田らしく爽やかな作品になるのかと思いきや、意外にも作品のテイストは“ホラー”だという。

「聖子の初監督作品がホラーとはなんとも意外ですが、10月19日発売の『女性自身』(光文社)によると、彼女は以前から“霊能力”がある、と関係者の間で評判だったといい、今回の作品も個人的な経験がきっかけになって制作に至ったといいます。

 聖子は宿泊するホテルに何かがいると主張して、部屋を変えてもらうことが多々あり、調べてみると何か不幸があった部屋だった。車での移動中から“知り合いに会う気がする”と言い出したら、本当に先輩に遭遇したなど、彼女は、身の回りで起きる不思議なエピソードには事欠かないようです。

 あまりにも聖子の霊能力の強さが評判になってしまい、彼女が入るのを嫌がった特定のスタジオが、最終的に開かずのスタジオになってしまったこともあったそうです」(芸能記者)

■美人女優が寮で「見たことはあります」

 松田のように、芸能生活の中で摩訶不思議な場面に遭遇してしまった芸能人は他にもいる。

 有村架純(28)は、2017年10月放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、兵庫県から上京し事務所の寮に住んでいたときに“見てしまった”という恐怖体験を語った。

「番組で、心霊体験を聞かれた有村は、事務所の寮に霊がいたというのです。有村は、“そこは結構すごくて、(霊が)そこにいらっしゃって。勝手に蛇口から水が出てきたり、寝る時にバシバシ音が鳴って、壁とかもよく叩かれてたんですよ”と当時について振り返ってました。

 怪奇現象だけならまだしも、有村は霊の形も見てしまったといいます。その霊について、有村は“白い輪郭。人の形をした輪郭だけですね。寝ようと思ったら、壁をものすごい叩かれて、すごい寒気がしたんですよ。『うわ、なんか寒い、嫌』と思ったら、立ってたんですよ。たぶん男の子”と説明していました。

 有村は別のバラエティ番組でも、“祖母が、亡くなる直前に玄関に立っていた”とし、白いモヤモヤとした祖母の輪郭を見て、その後すぐに電話で不幸の知らせを受けたとの経験を語っています。何度も霊と思われる存在を見ているのですから、有村には“見える力”が本当にあるのかもしれませんね」(前出の芸能記者)

 元AKB48の大島優子(33)も、グループ時代に行なった富士山に登る企画で奇妙な体験をしたと、2010年5月放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で明かしている。

「大島は、企画のために富士山麓のホテルに宿泊した際、入室してすぐに部屋の窓に無数の霊がガラスに張り付いて外から中を覗いているところを見てしまったといいます。さらに彼女は、霊の姿を見ただけでなく、霊たちがヒソヒソ話をする声も聞こえてしまったそうです。

 ただ、このときの大島が見たのは悪霊ではなかったようです。大島は翌日に登山をすると、インストラクターから褒められるほどのスピードで登れ、そのことを霊感の強い母に報告すると、“あなたの背中をみんなが押してくれてたんだよ”と説明されたといいます。ホテルで大島が見たのは彼女を護ってくれる霊だったようですね」(前同)

■心霊体験がまさかのドラマ化で「ちょっと気持ち悪かったです」

 大島がそうした体験をしたのは、富士山麓のホテルだけではなかったようで、

「大島はラジオ番組でも、ソファでウトウトしていたときに、スーツ姿の男が立っているのが見え、その男に両手で思い切り顔を叩かれた、という驚きの体験を話しています。

 また、2010年8月放送の『ほんとにあった怖い話』(フジテレビ系)のエピソード『赤いイヤリングの怪』で主演を務めたときにも、大島は“神社に行ったりすると、気持ち悪くなったりとか、誰かに触られていたりするような感じがする”と番組公式サイトにコメントを寄せています。大島の場合、母親も霊感があるといいますから、何かを感じやすい体質が遺伝したのかもしれませんね」(前出の芸能記者)

 大島と同じ元AKB48メンバーの高橋みなみ(30)は、松田のように自身の経験が作品になってしまった。

「高橋は以前からテレビ番組などで、ブレイク前にAKB48が定期的にコンサートを開催している劇場で、赤いレインコートを着たずぶ濡れの女を見たと話しています。

 高橋がこの女を見たのは、劇場でメンバーたちとかくれんぼをしているときで、メンバーを探すためにステージに上がると背後に人を気配を感じて、振り返ったらいたそう。その女の話は当初、誰にも信じてもらえなかったそうですが、後日、マネジャーが劇場の監視カメラをチェックしたところ、突然現れては消える赤いレインコートを着たずぶ濡れの女が映っていたといいます。

 このエピソードは、2010年8月放送の『ほんとにあった怖い話』で『レインコートの女』としてドラマ化。高橋自らが主演を務めたのですが、演じるに当たっては複雑な心境だったようですね。

 番組公式サイトに高橋は“撮影でレインコートの人を見たときは、実際経験したことを思い出してしまって、ちょっと気持ち悪かったです”とコメントを寄せています。本当にレインコートの女を見た高橋がその役を演じたわけですから、ドラマ自体の完成度は高かった、といえるでしょうね……」(前同)

 霊視芸人として知られるシークエンスはやとも(30)は、2020年8月放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)で「霊はカッコいい人、かわいい人に憑いていくもんなんですよ」との話をしている。

「松田、有村、大島、高橋も、はやともの言う“かわいい人”に当てはまりますよね。この世に霊が本当に存在しているのであれば、彼女たちは憑かれやすい人。だからこそ度々、奇妙な経験をしているのかもしれませんね」(同)

 かわいい人は悪い虫だけでなく、霊にも要注意!?

関連リンク

  • 10/24 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます