【菊花賞予想】開催コース阪神替わりで異変あるか? 馬券可能性高めの条件と人気薄パターンとは!

拡大画像を見る

 GIシリーズも今週はクラシックの3冠目・菊花賞(GI・阪神芝3000m)のスタートとなる。今年は皐月賞馬もダービー馬もいない。出走するどの馬にとっても初のGIタイトル争奪となる一戦である。

 先週の秋華賞同様注意しておきたいのは、開催コースが例年の京都ではなく、阪神競馬場になるということ。例年のデータがどれくらい機能するのかは未知数だ。それでも天気は日曜日まで持ちそうなので、良馬場でのレースが期待できそうだ。

 人気上位になりそうなメンバーとしては、前走神戸新聞杯を勝ったステラヴェローチェ(牡3・栗東・須貝厩舎)。前走久々の出走となったセントライト記念で3着となったルメール鞍上オーソクレース(牡3・美浦・久保田厩舎)。神戸新聞杯2着レッドジェネシス(牡3・栗東・友道厩舎)。前走セントライト記念を人気薄で勝ったアサマノイタズラ(牡3・美浦・手塚厩舎)など。絶対的な存在がいない上に、全頭にとって初の距離戦となるだけに波乱目もありそう。今回も過去10年データから馬券傾向を探っていこう。

1 波乱傾向は低め? 堅いタイプのGI戦?

 菊花賞は、やはりイメージのとおり、馬券傾向としてはやや堅め。

 過去10年、馬連は1回万馬券(17年)があるだけ。ほかは4回が10倍以下、あとの5回も50倍以内に収まっている。3連複も10万円超えが1回だけ(17年)。あとはどの年も2万円台にさえ乗っていないのだ。ちなみに3連単も10万円台超えは2回だけ。万馬券にさえならなかった年も3回ある。あまり派手に狙っていくような馬券はムリ筋かも…?

2 前走神戸新聞杯を使った1番人気は強い!

 馬券が堅いということは、上位人気がキッチリ走っているということ。

 過去10年で1番人気馬の成績は【6-0-2-2】。なぜか2着にはなれていないが、馬券圏内キープ率は80パーセントである。

 しかも馬券になっている1番人気馬は、すべて前走神戸新聞杯経由。着順でいえばそこで2着までの馬。まあ神戸新聞杯で上位になった馬は、菊花賞でも人気になり、そして馬券にもなるということだろう。

 ちなみに菊花賞1番人気で、3着以下に負けた馬は2頭だけ。14年ワンアンドオンリー(9着)と18年のブラストワンピース(4着)だ。ワンアンドオンリーはダービー1着から休み明け神戸新聞杯で1着という黄金ローテだったが本番で敗戦。ブラストワンピースは前走が新潟記念(GIII・新潟芝2000m)1着という例外のローテからの本番敗戦となった。

 今年の1番人気はおそらくステラヴェローチェ。前走神戸新聞杯1着というのは条件的に好走パターン。しかしその神戸新聞杯にしても異例の中京競馬場開催だっただけに、例年のパターンを引き継げるのかどうかは未知数でもある。

3 関西馬が圧倒?

 菊花賞の馬券になっている馬は圧倒的に関西馬だ。

 過去10年、30頭中27頭が関西馬で占められる。馬券になっている関東馬3頭というのは、14年3着ゴールドアクター(7番人気)、18年1着フィエールマン(7番人気)、20年3着サトノフラッグ(5番人気)だけ。菊花賞は、それ以前を遡っても、関西馬圧倒という傾向はずっと変わっていないのだ。関東馬は馬券圏内にからんでも1頭だけ。複数が馬券に絡むことはない。

 今年は上位人気に関東馬が数頭入ってきそうだが、関東馬が2頭以上馬券内に絡むという状況は、これまでの菊花賞の傾向を見れば難しいのか?

4 なぜか内枠の奇数馬番が良い?

 先ほど1番人気馬が強いということは述べたが、その1番人気の馬たちはなぜか奇数馬番に入っての好走ばかりだった。

 1番人気で馬券圏内になった8頭中7頭が奇数馬番からの好走。ただ1頭の例外は14番に入った11年のオルフェーヴル(1着)だけである。今年も1番人気馬は奇数馬番に入るのが理想かも?

 ほかの特徴としては内枠が優勢。特に1枠と2枠はわりと好走傾向が強い。穴馬は内枠から出るのかも?

5 人気薄馬が絡むとしたら?

 堅い、堅いといっても、人気薄がまったく走らないわけじゃない。

 8番人気以下を人気薄とすれば、過去10年では5頭が馬券に絡んでいる。ただ、それらが絡んだとしても上位人気との組み合わせなので、馬券は跳ねないというワケだ。

 一番配当が良かった17年(不良馬場)にしても、1番人気のキセキが勝ち、2着に10番人気のクリンチャー、3着に13番人気ポポカテペトルという組み合わせ(馬連10660円・3連複13万6350円・3連単55万9700円)。クリンチャーはセントライト記念9着からの巻き返し。ポポカテペトルは前走阿賀野川特別1着からの人気薄パターンだった。しかしこの2頭も関西馬。今年も人気薄ならば関西馬狙いということか?

(netkeiba編集部)

関連リンク

  • 10/24 7:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます