嵐・松本潤と3年後…?井上真央「激ヤセ」、宮沢りえ「硬直」、北乃きい「違う」、加護亜依「加工ちゃん!?」…「顔面激変」芸能人の真相!

拡大画像を見る

 嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)がそれぞれ一般女性と結婚したことを発表してから約1か月が経過した。

 二宮和也(38)は2019年11月に元フリーアナウンサーのAさんと結婚。大野智(40)は芸能活動のいっさいを休止しているが、今年4月には新恋人の存在が明らかになった。そうなると気になってくるのが松本潤(38)の動向だろう。

 松本は、2005年放送のドラマ『花より男子』(TBS系)で共演して以来、女優の井上真央(34)との親密な関係が、当時から現在に至るまで報じられてきた。

 9月28日の『文春オンライン』では、2人の関係は「終わってしまっているのだろう」という声が多いとしているが、一部では、2人とも交際についていっさい言及せず、SNSもやっていないことから、突如として“大型婚”を発表する可能性もゼロではない、という見方もある。

「もし、“2人の結婚”があるのなら、3年後の2024年以降ということになるでしょうね。松本さん主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』は2023年いっぱいまで放映されますからね。

 また、12月30日には主演映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』の公開が控えていますし、来年1月クールには主演ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)もあり、松本さんは俳優業が多忙を極めていますからね」(女性誌ライター)

■井上真央は「痩せたというかやつれた」

 井上は、10月16日にスタートした柳楽優弥(31)主演のドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系)に新任講師役として出演中だ。

 井上はドラマの宣伝のため、柳楽とともに情報番組やバラエティ番組などにも出演。ドラマ初回放送日には宮川大輔(49)がMCを務める『満天☆青空レストラン』(日本テレビ系)に出演し、千葉県富里市を訪れて名産の梨や梨を使った料理に舌鼓を打った。

 連続ドラマに出演するのは実に4年ぶり、バラエティ番組にも滅多に出演しない井上の姿に、ドラマや『青空レストラン』の視聴者からは「何気なく見たが、作り込まれていない笑顔がとてもチャーミングだ」「久しぶりにテレビでみましたが、相変わらず可愛い」といった声が上がった。

 しかし一方で、「真央ちゃん痩せたなあ。ふっくらした方がよいね」「井上真央ちゃん、大人っぽくなったというか、ちょっと痩せちゃったねぇ」「井上真央ちゃん、痩せたというかやつれたね……」といったコメントも寄せられた。

「激ヤセしているとすれば心配ですが、役作りのために体重を落としたのかもしれません。ただ、井上さんといえば子役時代のイメージも強い。子役のときはふっくらしていましたからね。そこから大人の女性になったことで視聴者が抱いていたイメージとギャップが生じ、“痩せた”と感じてしまう人がいるのかもしれません。

 そもそも、井上さんの連ドラへのレギュラー出演は4年ぶり、バラエティ番組にもほとんど出ませんから、その間に顔や体型に変化が生じていたとしてもおかしくはありませんよね」(芸能レポーター)

■宮沢りえは17年ぶり連ドラ出演で「こんな顔やっけ?」

“激ヤセ指摘”がされる井上だけではない。最近、劇的な“顔面変化”が話題になった芸能人は少なくないのだ。宮沢りえ(48)もその1人だろう。

 宮沢は、10月10日にスタートした西島秀俊(50)が主演を務めるドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)にメインキャストとして出演中だ。宮沢が17年ぶりに連ドラに出演するということも、話題を呼んだ。

 第1話では西島演じる相良凌介の妻・相良真帆を見事に演じ、あらためてその存在感に称賛の声も上がった。

 一方で「奥さん役の人誰やろ? と思ったら宮沢りえ!? えーーーこんな顔やっけ?」「宮沢りえの顔の変化に気を取られ、ドラマに集中できません」「宮沢りえさん初め誰かわかんなかった。肌パンパンのツルンツル」といった声も上がってしまった。

「たしかに、笑った顔もどこかぎこちなく、表情筋が動いていないようにも見えましたし、硬直しているような気もしました。ただ、それは多分にメイクも関係してくることかと……。また、井上さん同様、宮沢さんも地上波ドラマ自体が久しぶりですから、ドラマの彼女を久しぶりに見て、その変化に違和感を抱く視聴者もいたのではないでしょうか」(前出の芸能レポーター)

■北乃きいには視聴者から“疑惑の目”が向けられ……

 4月13日放送の『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)に5年ぶりに出演した北乃きい(30)に対しても「顔変わった?」といった声が上がったことも記憶に新しい。

 北乃は2014年から2016年9月末まで『ZIP!』にMCとして出演していたものの、卒業後はバラエティ番組への露出が激減。2019年7月に『今夜くらべてみました』(ともに日本テレビ系)にゲスト出演した際にも「顔違う」といった声があった。

 また、今年3月に『ZIP!』や『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した際も、似たようなコメントがSNSに寄せられた。

 前出の『さんま御殿』に出演した際も、ネット上には「きいちゃん昔の鼻のほうが丸くてかわいかったのに……」「何処が変わったか指摘出来ないけど、俺が知ってる北乃きいと顔が違う」「笑った時の目元の感じが変わった」といった顔に関する言及が少なくなかった。

「北乃さんも10代から活躍していますからね。30代を迎え、成熟した大人の女性になる転換期でもあるため、そのような声が上がっているのでしょうが、一部の視聴者からは“疑惑”の目も向けられてしまっていますよね……」(前出の女性誌ライター)

■元モー娘。加護亜依には「もはや加工ちゃん」の声

 元モーニング娘。の加護亜依(33)もつい最近、“激ヤセ”でSNSを騒がせた。

 10月9日、加護は自身のインスタグラムに「How do i look????」というコメントとtもに、鏡越しの全身ショットを投稿。

 ショートパンツからスラリと伸びた美脚に、フォロワーからは「脚がどんどん、細く綺麗になってます」「足ほっそい! なっがい!!!」「足細い!! 羨ましいなぁ」といった声が上がった。

 一方で「激ヤセ?」「これは加工では?」「急に細くなりすぎだし加工でしょ」「加護ちゃんじゃなくて、もはや加工ちゃん」といったコメントも寄せられた。

「たしかに、これまでインスタにアップされていた写真と比べても、脚が細いですし、顔もほっそりしている印象です。脚、そして顔も含め、スリムに見えるような多少の加工をしたのかもしれません。ただ、加護さんも井上さんと同じように、子どものときのイメージが強い。

 モー娘。時代はふっくらとしていた時期もありましたからね。その印象が強いこともあり、30代を迎えた今の彼女を見て“激変”したと感じてしまうというのはありそうです。また、加護さんは人気アニメのコスプレ姿で歌を歌ったりしています。メイク映えするような顔立ちですから、写真ごとに表情が違うというのもあるでしょうね」(前出の女性誌ライター)

 女性芸能人の“顔面激変”は「大人の女性」に成長を遂げた証!?

関連リンク

  • 10/24 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます