「あっもう無理...」本命から脈ナシになる非モテ仕草4選

拡大画像を見る


彼女がしてしまった非モテ仕草のせいで、彼的に脈ナシになってしまうことも。そんな本命でも許されない無理判定をくらってしまう仕草には、いったいどんなものがあるのでしょうか。男性が嫌う非モテ仕草から、4つ選んでご紹介します。 


舌打ち

イラッとしたときについ出てしまう舌打ち。男性がしても印象が悪い仕草ですが、女性がするとさらにイメージダウンでしょう。舌打ちをした本人は聞こえないようにしたつもりでも、意外と耳についてしまいますよね。いくら好きな人でも、舌打ちは耳にすると不快な気持ちになります。車の運転中や街中で他人にぶつかったときなど、つい舌打ちしていませんか?


ずっと髪を触っている

髪の長い女性に多いのが、自分の髪をずっと触っている人です。毛先に枝毛ができていないかチェックしていたり、スタイリングを気にしていたり。恥ずかしさをまぎらせるために触ってしまうこともあるかもしれませんが、嫌われ仕草ですので今すぐやめましょう。男性は「ちゃんと話を聞いてくれていない」「つまらなさそう」と思っていますよ。


オーバーリアクション

会話中、手を大げさに叩いたり大声で笑ったりといったオーバーリアクションは、非モテ仕草です。男性はうるさい女性やがさつな女性は恋愛対象から外してしまうので、そういった印象を与えてしまうオーバーリアクションはしないようにしましょう。がさつな仕草はほかにも「手ではなく足を使う」「物を投げる」「大きく足を開いて座る」などがあります。女性らしさが感じられない仕草には気をつけましょうね。 


わざとらしいボディタッチ

あからさまに気を引こうとする、わざとらしいボディタッチは、いくらスキンシップが好きな男性でもちょっと引いてしまいます。本命にしていた女性が露骨にボディタッチしてくると「こいつ軽い女なのか」と幻滅してしまうことも。モテるボディタッチは「もしかして気があるのかな?」と思わせるくらいのさりげなさがポイントですよ。 いかがでしたか?仕草ってクセのようなものなので、無意識にしてしまっているかもしれないのが怖いところですよね。心あたりが少しでもあった人は、ふだんから意識して改善するようにしましょう! (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/24 7:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます