「日本沈没」に続けなかった大作とは?闇に消えた「発禁・回収」の映像秘録!

拡大画像を見る

 一度は劇場やテレビで公開されながら、その後は、二度と日の目を見ることがなかった…。そんな哀しき作品群はこんなにあった…。

 現在、好評オンエア中の「日本沈没─希望のひと─」(TBS系)は、言わずと知れた小松左京氏の大ベストセラーが原作。1974年の正月映画として東宝で公開され、同年の興行収入1位を記録した。

 これに続き、同年に東宝で映画化されたのが「ノストラダムスの大予言」だ。五島勉氏がノストラダムスの予言詩を独自の解釈で翻訳し、人類の終末をクローズアップして描いた。映画評論家の秋本鉄次氏が解説する。

「同年の興行収入は『日本沈没』に続いて2位です。ところが、公開中に各方面から抗議を受けてフィルムが次々とカット。特に、放射能を浴びた食人族や、核戦争後の不気味な新人類の誕生は、被爆者団体や反核団体などから上映中止を求められました」

 公開から12年後の86年、ビデオとレーザーディスクの発売が告知されたが、東宝内部の反対により、見送られている。

 日本が世界に誇る作家・三島由紀夫の生涯を描いたのが「MISHIMA」(85年、ワーナー・ブラザース)で、製作総指揮にフランシス・フォード・コッポラとジョージ・ルーカスが名を連ねた豪華作。前出・秋本氏によれば、主演は緒形拳ですが、日本では公開されず、DVDも発売されていません」といい、少年期の、自分で慰める行為をするシーン描写などを巡って、三島「夫人が強硬に反対したようです」とのことだ。

「三島が自身で監督した『憂國』(66年、ATG)も、美輪明宏と共演した『黒蜥蜴』(68年、松竹)も、同様に遺族の反対で封印されています」(秋本氏)

 80年代の邦画史に多大な功績を残した伊丹十三氏だが、初めてホラーに挑んだ「スウィートホーム」(89年、東宝)では製作総指揮のクレジット。監督は黒沢清氏に任せたところ、ビデオ化の編集を巡って黒沢監督が伊丹氏を提訴。その影響か、DVD化には至っていない。

 80年代に世を騒然とさせた戸塚ヨットスクールを、1億円もの予算で描いた異色作が「スパルタの海」(83年、東宝東和)だ。ところが公開直前に訓練生の死亡や行方不明が多発。戸塚宏校長らが傷害致死などで逮捕され、社会問題に発展した。

「さすがに上映は断念されたが、05年にようやくDVD化されると、当時の石原慎太郎都知事が推薦文を寄せています。さらに劇場公開は、完成から28年後の11年でした」(前出・秋本氏)

 近いところでは、酒井法子の再起をかけた「空蝉の森」(NBI)がある。当初は14年に公開予定だったのだが、制作会社の破産などで一時、お蔵入りとなった。

「ようやく今年、完成から7年を経て公開されました」と話す前出の秋本氏によれば、「残念ながらのりピーの人気が急落」し、噂されていた愛欲シーンもないということで、「興行成績は散々でした」という。

 ここからドラマに目を転じると─。瀬戸朝香と井ノ原快彦の縁結びのキッカケとなったのが「終らない夏」(95年、日本テレビ系)だ。

「放送中から、紡木たく原作の人気コミック『ホットロード』のパクリではないかと話題になりました。全話の終了後、日テレは事実と認め、再放送やソフト化が一切NGになりました」(放送記者)

 常盤貴子の出世作ドラマ「悪魔のKISS」(93年、フジテレビ系)は、大人の性サービス嬢に扮した常盤が、見事な生バストトップを披露したことで記憶される。当初、松雪泰子が演じるはずだったが、脱ぎのあるシーンに抵抗し、まだ無名だった常盤に役柄がチェンジされたのだった。

「この1作で常盤はブレイク。まさに『脱ぎ得』だった作品です。放送終了後には、全12話のビデオ発売も告知されました」(前出・放送記者)

 ところが、忽然と「発売中止」が決定。その真相は、常盤の所属事務所が版権を全て買い取ってお蔵入りさせたためと言われている。

 特撮ドラマでは、円谷プロが総力を結集させた「怪奇大作戦」(68?69年、TBS系)がある。第24話の「狂鬼人間」は、刑法39条を逆手に取り、人々を一時的な心神喪失状態にさせ、罪に問われない殺人を犯させるという際どいものだった。さる特撮ライターが語る。

「84年にはビデオ発売されていますが、95年のレーザーディスク版は、発売日当日に中止と回収が販売元から告げられました。差別用語が多かったためなどと言われましたが、推測の域を出ていません」

 いつか日の目を見る時が来るのだろうか─。

関連リンク

  • 10/24 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます