三笘薫、開始6分にPK獲得&決勝点の起点に! 前節のハットに続き勝利に貢献

拡大画像を見る

 ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第12節が23日に行われ、MF三笘薫が所属するユニオン・サン・ジロワーズはオイペンとアウェイで対戦した。

 三笘は前節のスラン戦で後半から途中出場すると、2点ビハインドからハットトリックを達成して、チームの逆転勝利に貢献。今節は先発起用され、89分までプレーした。

 試合は6分、カウンターの流れから三笘が左サイドをドリブルで突破。三笘はそのままペナルティエリア左に侵入するとエリア内で倒され、PKを獲得した。キッカーを務めた味方選手がPKを決めて、ユニオン・サン・ジロワーズが先制に成功する。

 ユニオン・サン・ジロワーズは29分に追加点を挙げると、75分と77分に失点を喫して追いつかれる。

 失点直後の79分、三笘のスルーパスを受け取ったダンテ・バンゼイルが左サイドからゴール前に折り返すと、最後はカスパー・ニールセンがネットを揺らした。ユニオン・サン・ジロワーズが勝ち越しに成功し、最終的に3-2で勝利。ユニオン・サン・ジロワーズは3連勝を飾った。

関連リンク

  • 10/24 5:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます