これは送っちゃ駄目!友達とのトラブルの元になる「LINEでの一言」とは

友達とLINEでトラブルにならないようにするためには、ちょっとした失言に注意する必要があります。

意外なところで地雷を踏んでしまうことはたくさんあるものです。
そこで今回は、友達とのトラブルのもとになるLINEの一言について解説していきたいと思います!

(1)「返事まだ?」


よくあるのは、そこまで時間が経っていないのにもかかわらず返事を催促してしまうケース。
「返事まだ?」なんて言われた日には、正直イラっとしてしまう人は多いのではないのでしょうか?

忙しい社会人なら、正直何時間も返事ができないことは多々あるものです。
相手の都合やペースを配慮したLINEをぜひ送るようにしましょう。

(2)「なんでもいいよ」


何か聞かれたときにすぐに「なんでもいい」「どっちでもいい」と答えるのはNG。
相手の意思を尊重しているつもりなのになぜ!?と思う人も多いかもしれません。

ですが、会話を盛り上げたい人にとって「なんでもいい」と言われることほど、むなしいことはないでしょう。
「なんでもいい」=相手に丸投げしているととらえる人も多いので、意外とこれは失礼な一言になりがちです。

(3)自虐的で余計な一言が入る


自虐的で余計な一言が入ることで、トラブルになることも多いです。
たとえば「私ってモテないから」「周りに嫌われているから」なんて言われても、相手は返しに困る一方ですよね。

いわゆるかまってちゃん的な発言にしか聞こえないことも多いので、余計な一言は挟まないようにしましょう。

(4)「〇〇さんとどういう関係?」


相手の人間関係を必要以上に探るようなLINEも、やりすぎるとマナー違反なので気をつけてください。
とくにそこまで親しくない人にそんなことを聞かれたら、相手も警戒します。

理由も明かさず関係を探ろうとするのは正直怪しさしかないので、プライベートを干渉するような質問は避けるのが無難です。


意外と送りがちな失礼なLINEの一言には、心当たりがある人も多いかもしれません。
ぜひこれを機に自分のLINEを見直して、友達とのトラブルは未然に防いでいきましょう!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/23 20:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます