鈴廣蒲鉾本店が、全て一番を揃えた最高級かまぼこ「一」の予約販売を11/15より開始


鈴廣蒲鉾本店から、魚、水、そして慶応元年(1865年)より受け継がれる職人技のすべてに一番を揃えた逸品、正月限定かまぼこ「一(はじめ)」が登場。「かまぼこの日」である11月15日(月)より、300組限定で予約販売される。

極上の魚・水

「一」は“幻のかまぼこ”とも言われる限定かまぼこ。正月にお重を飾る華やかなおせち料理のなかでも、「いの一番」に食べてほしいという想いから名付けられた。


材料の魚は、かまぼこの素材として最適なグチ、地元相模湾で揚がったオキギスとソフトで繊細な食感を醸し出すクロムツを最良のバランスで配合。


オキギスは「一」のためだけに特別に漁に出て、身の優れたものを選び抜いている。

水は、箱根丹沢山系の箱根の名水「箱根百年水」を使用。適度なミネラルを含み、硬度が高く分子の固まりが小さいため、身の白さを増すだけでなく、小田原かまぼこ特有のぷりぷりとした弾力も引き出す。また、塩は、ミネラルを豊富に含み、かまぼこの弾力としなやかさを引き立てる天然塩を使用している。

極上の技

その年の魚を選び、魚の美味しさを引き出す職人の目利き力のほかにも、「一」の富んだ弾力を引き出すためには20年以上修業をつんだ職人の技が必須。

「一」は通常のかまぼこの2倍の大きさもあり、板に魚のすり身をのせる工程では、一度に大量のすり身を盛らずに、数ミリ単位で少しずつ丁寧に、薄く延ばしたすり身の層を積み重ねるように板につけていく。すり身の層と層の間に空気が入らないように、そして均等に付けていく逸品は、極上の食感と艶を生み出している。

プロサッカー選手・長友佑都氏による題字


「一」の2022年の題字は、鈴廣かまぼことともに「魚肉たんぱく同盟」を結成したプロサッカー選手・長友佑都氏によるもの。今年6月「鈴廣かまぼこ大使」に就任した長友選手は、新商品のフィッシュプロテインバーの開発協力やかまぼこ博物館での食育プログラムの実施など、魚肉たんぱくの魅力を発信する活動を展開している。

■御蒲鉾「一(はじめ)」
価  格:紅白2本組18,000円(送料込・税込19,440円)
販売個数:限定300組 ※先着順にて締切
予  約:11月15日(月)9:00より開始
お届け日:12月28日(火)着予定
販売方法:電話注文、オンラインショップ

画像をもっと見る

  • 10/22 19:17
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます