福祉・介護の魅力発信!オンラインイベント「いきてゆくウィーク2021」


豊中市は、高齢者の社会参加、福祉/介護の魅力発信を目的としたオンラインイベント「いきてゆくウィーク2021」を開催する。なお、一部現地開催もある。

参加者が楽しみながら福祉や介護の仕事に触れ、高齢者と交流できるようなコンテンツを用意。子どもから大人まで幅広い世代に、互いを尊重し自分らしく暮らせることの大切さを感じてもらえるイベントをめざしている。

オンライン配信


同イベントは11月7日(日)~13日(土)にオンライン配信される。また、作品の展示のみ現地開催となる。

コンテンツ紹介


「ふだんの暮らしを支えるつながりづくり」トークライブは、福祉や地域包括ケア、介護に関する活動をしている人のトークや座談会。

「フクシる!クイズ 福祉を知ろう!」は普段何気なく生活していると気づかない、高齢者や障害のある人などを含むすべての市民が暮らしやすい「まちの工夫」について、子どもと保護者が一緒に考えるクイズだ。

同コンテンツの配信は、11月7(日)13時~14時、15時~16時(各10組)で対象は小学生と保護者。

“「最期」の話をしよう”は終末期に自身が望む医療や介護を事前に家族などと話し合い決定するACP(アドバンス・ケア・プランニング)をゲーム形式で体験。

日時は、11月8日(月)・13日(土)10時~11時、11日(木)20時~21時(各16人)。

「オンライン介護相談」の日時11月11日(木)13時30分~19時30分(1枠60分×6回、各1組)

「おばあbar 人生の先輩に悩みを相談」の日時は11月13日(土)13時~17時45分(1枠45分×5回、各10人)

この他、各コンテンツを紹介するオープニングトークセッションや、最後に全体を振り返るクロージングトークセッション(各30分)がある。

同イベントはZoomを利用したオンラインイベントだ。参加申し込み、その他詳細に関しては豊中市の公式HPで確認を。

展示

また、高齢者や介護サービス利用者による写真・川柳・作品の展示をeMIRAIE環境交流センターで11月11日(木)、12日(金)10時~17時、13日土10時~15時に行う。

楽しみながら福祉や介護の仕事に触れることのできるオンラインイベントに参加してみては。

■eMIRAIE環境交流センター
住所:大阪府豊中市中桜塚1-24-20

画像をもっと見る

  • 10/22 19:17
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます