脈ナシとは限らない!男性の「忙しい」の意味って?

拡大画像を見る

気になる彼に、食事に誘っても忙しいからと言われ進展しないと悩む方もいます。男性の忙しいの言葉には実は理由があるのです。
様々な場面で使用される男性の忙しいの意味について、今回は解説していきます。


興味がない誘いに使う

まったく興味がない相手に対して、興味がないから会わないとは言いにくいものです。そのため、仕事で忙しくて会えないからまたの機会にと緩和させることができる言葉と言えます。
もちろん言われた側も嫌な気持ちはありませんし、また時間が会えたら嬉しいなといった感情になります。しかし、残念ながらこの言葉はナシの言葉と言えるので注意が必要です。


大事な相手に使う

先ほどとは異なり、大事な相手に対して誤解されないために使用する言葉でもあります。付き合いをしている相手に会いたいけど会えない理由として使うのです。
女性側も仕事であれば仕方ないと諦めがつきますし、ほかの人との予定で会えないわけではないので嫌な気持ちもないのです。


忙しいという言葉は男性にとって便利な言葉

正直、男性の忙しいという言葉は様々な場面で使用されており、便利な言葉と言えます。忙しいなら仕方ないと女性側も納得しやすいからです。
相手が忙しいからと伝えてきた場合は、一度は仕方ないと納得するべきですが、もし彼氏が相手であればほんの少しの時間でいいから会いたいとわがままを言ってもいいかもしれないです。
逆に、お付き合いをしていない相手に対しては相手がいいよというまでは行動が移せないのが難点と言えます。


忙しい男性の方が実は使わない言葉

忙しい男性は、実は忙しいからと使わない傾向があります。もちろん忙しいときもあるのですが、仕事柄や人事の加減時期などにより年を通して落ち着いている時間の方が多いからです。
しかも、毎日忙しくフルで動いている男性は周りから見れば忙しい男性なのですが、いつものことであると考え忙しく感じないのです。


まとめ

忙しい毎日の中で分かっていても、好きならば少しぐらい時間を自分のために使ってほしいと望むのは当たり前のことと言えます。大好きな彼だからこそ、女性はずっとそばにいたいと望むのです。
もちろん、あまり言いすぎると関係が拗れてしまい上手くいかなくなってしまいますが、たまのわがままは男性にとってかわいいと感じますので、不安にならず気持ちを伝えてみるのもいいかもしれないです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/23 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます