「最も記憶に残った」第一犠牲者メイキング映像『クライモリ』

拡大画像を見る

オリジナルの脚本家アラン・B・マッケルロイが再び参加する現代版『クライモリ』が現在公開中。この度、第一の犠牲者のシーンを語るメイキング映像が到着した。




アパラチア山脈の森で最初の犠牲者が出るシーンについて、A・ファヴェーラ(ルイス役)は「あれがホラーの始まりだからね。すごく感情が高ぶった」とふり返り、最も記憶に残ったシーンだという。

また監督のマイク・P・ネルソンは、この撮影で遺体のそばにキャストたちを集めたそうで、「ADが焦る中1時間は話し合った」と大事なシーンであり、インパクトあるシーンになるように、そのシーンに関わる出演者とじっくり話し合ったことを明かした。

さらに、アダム役のディラン・マクティーは「ファヴェーラは感情をむき出しにして、本当におかしくなってた。だから僕も本気で対処したんだ」と語っており、話し合いが功を奏し、のめりこむように演じていた様子。A・ファヴェーラも「共演者に恵まれてたから、安心して感情を爆発させることができたんだ」と話している。

『クライモリ』メイキング映像

『クライモリ』はヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開中。



(cinemacafe.net)


■関連作品:
クライモリ 2021年10月15日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開
© 2020 Constantin Film Produktion GmbH

関連リンク

  • 10/23 21:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます