Snow Man目黒蓮となにわ男子道枝駿佑、テレビ朝日『消えた初恋』禁断のキスシーンは確定?急速「ガチBL展開」にキュン大量発生

拡大画像を見る

 なにわ男子/関西ジャニーズJr.の道枝駿佑(19)とSnow Manの目黒蓮(24)がダブル主演を務める、ドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)の第2話が10月16日に放送され、予想外の展開が多くの視聴者を驚かせた。

 このドラマは、現在『別冊マーガレット』(集英社)で好評連載中の、アルコ氏が作画、ひねくれ渡氏が原作を担当する同名タイトルコミックが原作。クラスメイトの橋下さん(福本莉子/20)に片思い中の高校生・青木(道枝駿佑)は、ひょんな出来事から硬派な男子・井田(目黒蓮)に恋していると勘違いされてしまう。しかも、勘違いのはずが、青木は本当に井田のことが気になり始めるという、異色の初恋ラブコメディだ。

 第2話では、青木たちのクラスが文化祭で「シンデレラ」の劇を上演することに。文化祭前日、大道具係の青木、井田、橋下さん、あっくん(鈴木仁/22)は作業に追われていたが、青木が完成間近の背景画に水をぶちまけてしまう。まさかの大ピンチに絶望する青木だが、井田ら3人が修正を手伝い作業を終えた。

 そして翌日、青木らが登校すると、学級委員長の仲林(西垣匠/22)が、シンデレラと王子役の2人がカゼでダウンしてしまったと発表。仲林はシンデレラの代役に橋下さんを押し付けようとするが、彼女が嫌がっているのを察した青木は自らシンデレラに立候補。王子は井田が演じることに……という展開。

 今回も道枝と目黒の胸キュンシーンが満載で、濡らした背景画を描き直すことになり、自販機の前で落ち込む青木に、井田が「あんま気にすんな」と頭をポン。井田の優しさと青木の照れキュンを表現するためなのか、丁寧に後ろからと前からの2ショットで描かれていた。

■美しすぎるシンデレラと王子様

 また、作業を終えて青木と井田が夜道を歩いている時、井田は「俺のこと好きなんじゃないの?」と問いかけるが、青木は「俺なんか、はなから無理だって分かってるからさ」「好きな人の幸せぐらい、願ってもいいだろ」と、井田には橋下さんのほうがお似合いだと勧める。

 すると、井田は「おまえは優しいよ。だから、“俺なんか”なんて言うなよ」と、まっすぐ青木を見つめて訴える。この言葉に、青木は「サムいわ。もう、いい」と言って立ち去ろうとするが、井田に引き止められて振り返ると、右目に大粒の涙があふれていた。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「青木の涙はダイヤモンドかと思うぐらい美しかったな」「引き止められたときに振り向きざまの涙は……青木の優しさとモロさのような、でも、その言葉で形にするのも違うような。ハッとする表情だった」など、道枝の涙の演技を称賛。

 さらに、文化祭の本番で、ガラスの靴で転びそうになった青木を井田が抱きかかえ、見つめ合うラブシーンのような体勢に。カッコいい王子様役の目黒と、透き通るような肌で美しいシンデレラ役の道枝に、視聴者はツイッター上で「似合いすぎる」などと大盛りあがりだった。

 また、ドラマのラストで驚きの展開が。文化祭を終えた帰り道で、シンデレラの代役を引き受けたことを橋下さんに感謝されると、青木が、「俺、橋下さんの恋、応援するって言ったけど、やっぱり、こんな気持ちじゃ応援できない。本当にごめん!」と頭を下げた。

■早い展開でキュンシーンも加速

 そして、「自分でも、正直、まだ分かんないんだけど、たぶん、俺も、橋下さんと一緒なんだと思う」「俺も、アイツのことが好きかも、なんだ」と、井田への想いを告白。青木は片思いしていた橋下さんと、恋のライバルになってしまったのだ。

 衝撃のラストに視聴者は、「予想外の展開で頭の中が???になってしまった」「勘違いしつつ終盤まで行くのかと思ったら、マジなBL展開突入?」「橋本さんのこと好きだったのに、展開早すぎない??!」などと、驚きの声を相次いで寄せていた。

 第2話で原作コミックのほぼ1巻分までいく早い展開だが、気になる道枝と目黒のキスは、最終回まで引っ張られるのかもしれない。その代わり、2人の胸キュンシーンが大量に見られそうだ。次回予告によると、井田の部屋で青木と2人きりになったり、またもや井田が青木に頭ポンするようだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

■シンデレラシーンは何度見ても美しい

 ネット配信で何度も見直した人も多いだろう、第2話の神シーン。

※動画はテレビ朝日『消えた初恋』公式ツイッターアカウント「@oshidoraEX」より 

関連リンク

  • 10/23 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます